MAHIRO思考 6

お盆やお正月、お墓参りに行く方、

毎朝、仏壇に手をあわせる方、

そこに心が伴わないと本当の供養にはならないのではないかと思います。

幼稚園時代、父母の生い立ちを聞いていて、こう考えました。

 

先祖供養とは負の連鎖を断ち切ること

普通に両親や祖父母親戚の生い立ちを聞いていれば、自分の祖先がすべて善人だった!などということがないのはわかりますよ。誰だって。

必ずしもみんな頭が良くないこともわかります。

だから、それを自分の代で終わらせて子孫は繁栄させなければと思ったわけです。

一代で完了しなくとも、自分の子孫の何代も先のことをイメージしました。

後悔して死んだ祖先だって必ずいるはずです。

そんな人の想いを昇華してあげたいと思ったのです。

お墓参りより大事なことはあると思います。

もちろんお墓参りも仏壇に手をあわせることも、亡き人が望んでいるなら大切だとは思います。

心を伴うお墓参りをしていきたいものです。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です