MAHIRO思考 67

人のために…

子どものために……

地域のために……

日本のために……

 

生物は自分のためにしか生きない

 

命あるもの、他者のために生きることはないでしょう。

子どものために、だとしたら自分の遺伝子を遺すため。

他者のために……だとしたら、承認欲求を満たすためだったり

社会への貢献……などと言う人は自分のお金の為だったり

地域のため、日本のためなどは、支配欲だったりするのでしょう。

自分の命を燃やしきることに、善悪も優劣もありません。

過ぎた欲を持つも、欲を持たないも自由でしょう。

殺した命を自分の血肉にしたのだから、無駄にしないよう、満足して感謝して幸せに生きたいものです。

 

今日も皆さんありがとう。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です