MAHIRO思考 71

出逢いと同じ数だけ別れがあります。

好きでも一緒に生きられない人々もいるでしょう。

泣いて泣いて、泣いて、目を腫らして暫くは何も手につかない別れもあるでしょう。

恋人であれ友人であれ、家族であれ…

 

別れの涙は幸福の量に比例する

 

別れは今日来るのか明日来るのか、誰にもわかりません。永遠なんてあり得ません。

わかっていても、その日が来ると身体を引き裂かれるかのように悲しいことがあります。

たとえ涙を流さなくても、心で泣いている場合も同様だと思います。

その涙の量は、別れたその存在と過ごした自分の幸福の度合に比例しているのだと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です