MAHIRO思考 74

私達はいったい何を見て、誰かを好きになるのでしょう。

価値基準は様々で.、スペックで相手を判断する人も多いのかもしれません。

ではどこをみればいいのでしょうか。 

 

魂を視る

 

言葉と心は必ずしも一致していません。

怒っている人は悲しみをもっていたり、優しい人は誰よりも傷ついてきた人生を送っていたり、支配欲や承認欲で綺麗事を使ったり、逆に他を尊重するあまり一切人に関与しない人もいます。

感謝という言葉を使っても生き方にその真意は表れていて、人の言葉などほとんどあてにはできません。ですから言語の通じない外国人とも愛し合うことは可能です。

潜在的な自己を徹底的に理解して放つ言葉ではなく、殆どの人は潜在的な自己意識を隠しているか、もしくは本人も理解していません。

だから、真摯に誰かと交際しようと思えば、魂を視るしかないのです。

それはまるで裸の存在で、自分と大きくかけ離れていたとしても愛すべきものです。

魂と魂で愛し合える家族であり、パートナーであり、友人でいたいものです。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です