MAHIRO思考 84

人格者ほど偉そうにしませんし、自己を過大評価していないように見えます。

古来からの言葉に、能ある鷹は爪を隠すというものがありますが、あれは実は少し違って見えます。

 

能ある鷹は爪を隠していない

 

爪はしっかり見えています。

ただ、それが見える人と見えない人とがいるだけです。

その人の生き様を見ていれば、当然辿ってきた道を想像できたりするでしょう。

運や遺伝で片付けられないことが山ほどあることは、大人なら誰でも知っているでしょう。

あの言葉は多分見えない人向けに作られたものなのです。

 

今日も皆さんありがとう。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です