万葉庭園

明日香村に奈良県立万葉文化館という施設があります。

隣接して明日香夢(あすかむ)というカフェ雑貨の店舗も並び、文化館界隈だけでも一日時間を潰せそうです。

実はここの庭園を自分の庭がわりにさせていただこうかと思いついたしだいです。(笑)

引越するまでに何度も村に脚を運んだのですが、ふと立ち寄ったここ万葉庭園がとても美しく、フードコートのような明日香夢もあって娘とも楽しめそうだと思いました。

 

なんといっても借景が素晴らしいのです。

庭園はかなり広く、万葉集の6つの歌碑や遺跡関連の井戸の復元模型なども観ることができます。

 

庭園の植物はアロマ・ハーブをメインにしてきた私にとっては珍しいものが多く、知的好奇心をそそられます。

これはホトトギスという花で、花言葉は「永遠にあなたのもの」だそうです。

こちらはガイドの方に教えてもらったのですが、なんばんぎせるといってススキに寄生して花を咲かせるのだそうです。

傍らのススキが綺麗でしたが、なんばんぎせるの花はなかなか見ることが出来ないとおっしゃっていました。ラッキーでした。

 

ちょうど秋なので日中は過ごしやすく、お弁当を持参して庭園で食べることにしました。贅沢なんです。毎日でもこれが可能なんですね(笑)

この舞台に座って食べたのですけれど、目の前にこのような景色が広がります。

静寂の中で鳥の囀りを遠くに聞きながらのお弁当は最高ですね。都心にいるときはお昼なんて食べたくなくて、朝ごはんを一日のメインとしていましたが、今後は時々自分のお弁当も作ろうかと考えるほどです。

手のひらサイズのお弁当でしたが大満足。久しぶりに豊かな気分でお昼ご飯を食べました。

 

庭園奥まで行くとまた石組方形池跡があるのですが、ここを通り過ぎると、あの日本最古の寺と言われる飛鳥寺へと続いています。

 

蝸牛やてんとう虫もすぐに見つかるので、此処にいるだけで様々な生命と出会えそうです。

 

館内にある図書館は、本の貸し出しはできないのですが、無料で入れます。万葉集や飛鳥の歴史についてなど、たくさんの本がるので、ゆっくりと読むこともできます。

図書館のソファからの眺めがこれです。思考がクリアになりそうでしょ。

 

万葉文化館が広報誌として毎月発行されている「よろずは」を図書館でいただいてきました。万葉文化館おすすめの万葉歌と解説が載っています。

 

万葉文化館長の中西進さんは「令和」の名付け親だそうで、館内のショップにも中西進さんの本がたくさん販売されていました。万葉集についてわかりやすく書かれているようです。

 

★参考までに令和のもとになった万葉集の序文からの抜粋を★

出典;万葉集「巻五」梅花歌三十二首(八一五~八四六番歌)

時に初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を被き、蘭は珮後の香を薫す

(口語訳)

時あたかも新春のよき月。空気は美しく、風やわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている。

 

6世紀の遺跡が間近に点在することで、以前よりもずっと古に想いを馳せることが多くなりました。

それとともに現代まで此処を守ってくださった多くの方々に深く感謝いたします。

 

私なりの明日香村の見どころや食やについても随時ご紹介していきたいと思います。

此処は土地の波動がとても良いように感じます。

人々にも温かみを感じますし、大変満足しています。よき令和時代を過ごせそうです。

 

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です