私とアロマとハーブ

私は、エステには行ったことがありません。

18歳で結婚し、育児、仕事をしている日々の中で、時間的、金銭的余裕もなかった、というのがその理由でしょう。

 

20代は化粧水や乳液すら使用せず、化粧して洗顔するだけ。 30才くらいから、きちんと化粧水と乳液を使用するようになりましたが、面倒で、その時気がむいた商品を購入。 何を使っていたか、クレイ以外はあまり記憶にもありません。

 

30代半ばからやっと、定着したのは、手作り化粧品です。 元来、合成洗剤や、薬が嫌いな私(たくさん病気を経験したので)。 皮膚は弱くはありませんが、あまり「美」に興味がありませんでした。 何となくベランダでラベンダーやミントを育てていました。

 

そんなある日夫が、仕事で背中に酷い火傷を負って帰宅したのです。1500度の溶鉱炉の蓋がべったりと当たったのです。範囲は15センチ×3~4センチ。水膨れの状態でした。病院にも行かずに仕事を続け、帰宅後救急病院で診ていただきましたがオロナインを処方されただけ。 傷痕は遺るだろうと言われるくらいでした。

 

私はどうしても、彼の火傷を治したかったのです。
ラベンダーが火傷に効くと聞いたことがあり、ラベンダー精油を直接火傷に塗布しました。 が、劇的な変化はなく、長期的に精油を塗布することは最善ではないと判断しました。 そこで、毎日、アロエの果肉をガーゼと包帯で貼り付けると言う方法を2週間以上続けました。うっすらと傷痕が遺るものの、ケロイド状態にもならず、綺麗に治りました。 今ではまったく痕はありません。

7756_485115138227604_661658622_n

 

それから私は、図書館でガーデニング、アロマ、メディカルハーブ、石鹸etc. 読み漁って、アロマの専門店にも通いました。 ベランダでは有用植物を主に育て基材にしました。 一時はバラとハーブ中心に100種ほどの植物を育てていました。 朝は5時に起床、お弁当作り、洗濯、掃除、娘の家庭学習の指導、朝食の準備と片付け、そして皆を送り出し出勤。 この中でオーガニックでガーデニングをするので、害虫取りや花ガラ摘みは楽しくもありますが大変な作業でした。

 

化粧品にアロマオイルも使用しますがローズは高価です。 そこでアロマ、ハーブの勉強をして、チンキや浸出油も作ってしまえばいいと考えたのです。 ハーブは様々な効能があるので、家族の不調の際にも活躍します。 

 

12112007_942959069109873_225845136546726222_n

 

友人・知人には色々アドバイスをしていましたので、AEAJのアロマインストラクターの資格を取得することにしました。すでに検定一級は取得していましたが、もっと専門的に勉強する必要があると思いました。誰かに伝えたくても信用がありません。インストラクターを取得するのは、やはりきちんと誰かに伝えるためで、自分のためではないように思いました。 テキストを買ってきて、仕事も家事も終えて、就寝前に少しずつ勉強をしました。 免疫に関する事や解剖学は広範囲でしたが、なんとか独学で合格することが出来ました。 今でも好んで関連書は読みますが、アロマテラピーは本当に奥が深く、「正解」という物はありません。 講習依頼があり、幼稚園の保護者むけにお話をさせていただいた時にも、皆さん手荒れが酷く、私の手を見て違いに驚かれていました。 ハンドクリームはわざわざ作りませんが、顔に美容液を朝と晩に塗るので、手にもその効果があったのかもしれません。

 

次男がアトピーと中学生の頃診断された際にも、ハーブを使った入浴と手作りローションやオイルで改善させました。 今では息子達も自分で化粧水やクリームを作ります。 そんな長男が車に巻き込まれ脊髄を損傷し、

 

「一生寝たきり、社会復帰は不可能、死ぬまで病院をたらい回しだ」

 

と救急病院で本人を目の前にして医師に宣告されたのです。 私は、この時もどうしたらその状態からはい上がれるか、現代の医学では無理と言われながらもただひたすら考えたのです。

 

結果的に長男は半年後に退院しました。この時も様々なことを実践しましたが、アロマ・ハーブは大いに役立ったと私たちは思っています。

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です