癒す力

人には、弱さや醜さが少なからずあります。

 

自分の中のそういう部分を認め、受け入れる事は、多くの人には困難です。

客観的に見つめ受容すれば、言い訳はしない人間になるし、演じる必要もなくなります。

私はこれを認めるのは勇気だと思っています。

外的要因によって傷ついた心は、どんなにそれがつらい事であっても癒す事が出来ると信じています。

自身の捉え方を変えるのです。

相手を、事態を非難するのではなく、非難している自分を変えるのです。
内的要因についてもそれは、同様です。

相手をありのままに受けいれる。

自身だけでなく、これも多くの人には困難です。でも受け容れてみてください。

人は、自ら癒す力と変化する力を持っています。
自身を受け入れ、相手を受容できた時、すでにその力は動き始めているのです。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です