セルフエステ 化粧水をつくる ハーブ&精油

今朝、化粧水がなくなったので朝の家事のついでに、台所で作ることにしました。

100ミリリットルの瓶、たっぷり使うので、約二週間くらいで使いきるようにしています。

早く使いきるのは防腐剤などの薬品が入ってないので。いたみますから。

今朝はハーブを収穫して、それをもとにつくってみました。

化粧水の作り方
  1. まず遮光瓶を用意します。それを鍋にいれて20分ほど煮沸消毒をしておきます。(弱火にしてください) 
  2. その間にガーデンのハーブの収穫をします。IMG_20160519_085717
  3. 煮沸消毒をした瓶を乾かしておきます。
  4. 鍋に上記のハーブをいれて、純水もしくは精製水を足します。水は仕上がりの分量の二倍以上いれてください。IMG_20160519_085932
  5. 蓋をして弱火で煎じます。蓋をするのは蒸気になって逃げる精油成分を逃さないため。
  6. 20~30分ほど煎じたら濾してさまします。
  7. 90ミリリットルのハーブ水にたいし、自分の肌に合った精油を3滴から10滴ほど容れます。(※個人差があります。パッチテストをして、自己責任でお願いします。)
  8. グリセリンを5ミリリットル、蜂蜜を少し、保湿のためにいれます。
  9. オーガニックで育てたバラのエキスと、ユキノシタエキスを合わせて5ミリリットル容れます。(※防腐剤のかわりにしています)
  10. よく振って、冷蔵庫に入れ、2週間以内で使いきってください。残ったら迷わず廃棄してくださいね。
今日のハーブ
  • ナスタチウムの花ートニック効果があるとも言われているので、脂性肌の方にいいと思います。
  • マロウの葉ー花はハーブティー、葉はサラダにしても美味しいですが、粘液質の成分を含有するので、乾燥肌に良いです。IMG_20160519_082126
  • ローズマリー ー血流をよくすると言われているのと共に、抗菌効果も期待できます。アンチエイジングには必須のハーブです。
  • ローズゼラニウムー香りがとても良いので、色んなものに使えます。葉を使ってます。ホルモン調整作用があると言われてます。
  • マルベリーの葉ーミネラルがあるので良さそうです。木の皮は美白効果があります。
今日の精油
  • ラベンダー ー美白、鎮静がキーワード
  • ゼラニウムーホルモンバランス、抗炎症がキーワード
  • バルサムー抗酸化がキーワード
  • ローズマリー ー殺菌、抗菌、内分泌バランス、アンチエイジングがキーワード
  • クラリセージーエストロゲン、抗真菌、抗菌、更年期がキーワード
  • フェンネルー殺菌、循環、女性ホルモンが、キーワード

上記のものを合わせて10滴ほどいれました。

 

もう15年以上自分で作っています。

ハーブや精油は質にこだわってください。農薬が精油には溶けやすいので、質に拘らないと肌にはかえってよくありません。

ハーブがなければハーブ水ではなく、精製水だけでも大丈夫です。

若い方ほど手作りをお勧めします。

余計なものを肌から身体に吸収させないよう、ぜひトライしてみてください。

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です