シリーズ 愛① 普通

人々は「普通」であることよりも、他者より「優位」に立つことを望みがちです。

それ故、自分の愛する人の価値を他者に誇示したくなり、巷でよくある親バカとか、彼氏や彼女、配偶者を過大評価してしまったりします。

事実としての、ハーバード大出身とか、億単位稼いでるとかなどの話は、リアルなので、生活保護だとか、中卒という事実を話すことと何ら変わりありません。

哀しいのは、普通を愛せないことです。

何かを持たなくては

人に勝たなくては

と必死になるあまり、自分の関係者が普通であってはいけないような錯覚……

それは、その人への想いよりも、自分の虚栄心の方が上回っているということになるのです。

人はアクセサリーではありません。

誇示するものがなくても美しいのです。

カスと言われても、自分が愛していればそれでいいじゃないですか。他者の評価なんて愛には関係ないのだから。

学歴が義務教育だけでも、その人が幸せならそれを認めてあげたいのです。相手の幸せを慶ぶのが愛だから。

愛ってそういうものだと思います。

普通で生きられない人にとっては、普通の人になることはとてもとても難しかったりします。

普通の中に、美しさを見出していけたなら幸せです。

当たり前の日常に目を向けてみたいと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です