私と家族の自然治癒 3

二番目の夫は、出会った頃ひどいアレルギーでした。疲れたり風邪に罹患すると、全身に蕁麻疹が出てそれが一つに繋がります。頭のてっぺんから足の先まで腫れ上がり、顔は誰だかわからないくらいになっていました。

ある日休日で自宅にいたら、彼が休憩時間中にお弁当を持ってやってきました。

私はそのお弁当を見て驚愕したのです。

食事の重要性

何気なく自分のお弁当の蓋を開けた彼。

Part 2にも書いたように、私は子どもたちに一日30品目以上食べさせていました。

この頃、私は独り暮らしでしたが、朝はホテルモーニングを食べてから出勤していました。

バランスよく食べる生活だったので、彼のアレルギーは食事が原因だと思ったのです。

 

お弁当は、手作りでした。

でも、野菜が全くない!!

 

偏食もひどく、足りないときはお弁当に加えてインスタントラーメンを食べていました。

「お母さんに野菜をいれてもらって」

 

次にお弁当持参でやって来たときは野菜が少し入っていましたが、マヨネーズたっぷりのコンビニのサラダでした。

これではアレルギーは治らない。私が彼のお弁当を作ることにしました。そのうち彼は夕食も私の家で食べるようになりました。

 

好き嫌いが多いため好みを考えながら、野菜をふんだんに使ったメニューを作りました。洋風がダメなら和風の料理に、和風がダメなら中華風にと試行錯誤して作っているうちに食べられる料理が見つかっていきました。

 

そうしてまず彼の偏食をなおし、栄養の大切さを説きました。

 

一年後にはアレルギーは半年に一度程度の発症までになり、二年目は一年に一度になり、三年目が終わる頃には症状はすっかりなくなっていました。

 

薬剤やサプリは使用していません。

 

偏食をなくし、朝昼晩手作りをメインにし、時々外食してもチェーン店などではない店で食事内容のバランスを重視しました。

 

このあと17年一度も彼がアレルギーを発症したのを見たことがありません。

 

大やけど

 

ある日、仕事で1500度の鉄板が夫の背中に当たり、ひどいやけどを負ったことがありました。

 

それでも我慢して夜まで仕事をこなしてなんの治療もせずに帰宅したので、大きな水ぶくれがあちこちにできていました。

 

私は既にアロマセラピーの勉強を始めたあとで、火傷によいとされる精油原液を背中にかけました。

 

そのあと病院に行ったのですが、医師は精油をかけたことを批判し、オロナイン軟膏を出しただけで、火傷のあとはのこるだろうと言ったそうです。

 

そのオロナイン軟膏は使用せず、毎朝毎晩、アロエベラの果肉を貼り包帯を巻きました。

 

そして二週間ほどした頃、ケロイドにはならずにすみ様子を見る段階になりました。痕は残るだろうと思っていました。

ところがしばらくして、すっかりとその傷が消えたのです。本人も鏡を見て驚いていました。

 

私自身も料理をしていて掌を火傷したことがあります。パンを切ろうと、熱々に熱した包丁を握ってしまったのです。水で冷やしてからアロエをはりつけて、包帯を巻きました。昼頃にはやけどは消えてなくなりました。

 

もちろん普段から加工品や添加物をなるたけ避けて食事をしていたことや、ストレス、思考からくるメンタル面での力など、総合的に判断していくべきことだと思います。

 

独学で学んだアロマテラピーとハーブ療法。

 

このあとも、これらを使って家族と自分で様々なことを試すことになります・・・・・・

 

つづく

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です