バラと精油と周波数の話

当時はよくわからずにバラが好きになって、満開の時期は毎日が幸せでした。

なぜそんな気分になるのか、後で裏付けを知ったというようなこともあります。

バラは植物の中でも高い周波数を要し、精油も同様に高いらしいです。

健康な人の周波数というのがあり、低くなると病気になるそうです。

だとすると・・・

周波数が高いものを摂取すれば健康になるのでしょうか?

それはさておき、低いものより高い方がよさそうな気がしますが……

 

某ブランドの精油の数値を聞いたことがあるのですが、有機土壌で栽培された品質のよいもので、ローズ精油はラベンダーよりも周波数がかなり高いそうです。

本当かどうかは私が測定したわけではないのでわかりませんが、バラ園の中に座っていると、難聴が改善したことは私自身も経験したことがあります。

ストレス緩和にいいのかもしれませんね。

 

ドイツに確か波動療法というものがありますが、病を発症するHzの数字があるらしいですね。

 

波動療法については私はど素人なので専門家にお任せするとして、好んで使ってきたものに注目してみると大抵周波数が高いと言われているものだったりして驚きます。

 

そういうことが健康に関与してるのかもしれません。

 

ある一定のラインをこえると細胞の修復が始まると勉強会で教えてもらいました。

その波動の数値が確かかどうかはよくわかりませんが、息子が寝たきりで入院中のとき、心地の良い曲を部屋で流していたり、精油を毎日使っていたりしたので、周波数と彼の回復の速さは何か関係しているのかもしれません。

 

人生の目標が

「無人島でも生き抜けるような強さを持つこと」

なので

「自分で出来ることはなるべく自分でやってみたい。」

「自然と共生したい。」

などのザックリした考えのもと、いろいろやってきたわけですが、もちろんまだまだ無人島で生き抜けるような自信はありません。

さらに修行です。

 

自身の五感を研ぎ澄ませて、数値を確認しなくても身体に良いものを選択できるようにしておきたいものです。

 

精油だけでなく食品の波動もあり、加工品などは波動が低いとも言われていますね。

 

エビデンスが無くても多分ニンゲンは良いものを身体で感じ取っているように思います。

手作りのよさを大切にし、自然の恵みに感謝して体に取り入れたいと思います。

 

ご興味があれば

「周波数 食べ物」

などで検索してみてください。

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です