自分を変化させる方法

人生には悲しいことや辛いこと、様々なことがあると思います。

 

時に人は、その苦しさから見てみないふりをしたり、考えないことにしたり、綺麗に取り繕ったりして誤魔化してしまうものです。

 

もしもそれで、毎日が平和で幸ならいいのですが、心に何かがひっかかったままで誤魔化し続けていたとしたら、自分が自分に嘘をつき続けることになって、身体にもよくないと思うのです。

 

だから、出来る限りつらい現実を直視します。

 

誤魔化し続ければ何も変わらないし、また次の問題からも逃げてしまうでしょう。

 

とにかく全部、なんでもいったん受容してしまうのです。

 

もちろん、自分の馬鹿さ加減に落ち込むこともありますが、自分の弱い部分を把握すると、回避の方法も覚えます。

 

完全無欠のニンゲンなんて存在するわけないですから・・・・

 

全部受容してみると、成功も失敗も含めて、自分の取扱説明書みたいなものが出来上がります。

 

そうすると、ひとつずつ失敗が減っていくのです。

 

何が好きで何が好きでないのか、潜在的な自分も見えてきます。

 

自分が何に価値を感じているのか、優先順位もわかります。

 

そうすると、なんていうか、覚悟みたいなものが出来るんですよね。

 

全部直視するということは、言い訳をしないということです。

 

出来ないものは何が不足しているのかとか。

 

やりたくないことはなぜやりたくないのかとか。

 

逆にどんなに言われても決めたことは諦めないとか・・・・

 

つまりは自分の人生を自分で責任をとっているような感覚になります。

 

そして強くなります(笑)

 

誤魔化すのも一つのリスク管理、メンタル面を守っているのでしょう。

 

私の場合は、誤魔化して守るのではなく、強くして守る方法をとったのかもしれません。

 

何もかも自分が選択したことに気づきましょう。

だから

起こることは必然

なのです。

 

だとするなら、何が起きても受け容れるしかなくなります。

 

 

 

 

今日もみなさんありがとう。

 

 

 

 

 
Pocket