ある意味、生きることと死ぬこととは隣り合わせで

ある意味、生きることと死ぬこととは隣り合わせである。

常にそれを意識している自分と、死は無縁のものだと思う人とのギャップに苦しむことがある。

それは決してネガティブな思考から来るものではなく、至極当たり前のことを当たり前に意識しているに過ぎない。

必ず、ある日突然、死はやって来る。

明日のことはわからないのに、大抵の人は明日も自分が生きていると決めつけている。

いやだからと言って、それが怖いわけではなく、常に隣り合わせで生きているからこそ後悔をしたくないと思うのである。

今日死んでもいいように生きる

言葉だけが宙を舞う。

だけどいったいどのくらいの人が、最後の瞬間を後悔なく終えられるのだろう。

常にこれを頭においていると、迷ったときに自分で自分の背中を押すことができる。

人に押してもらわなくても。

誰といても自分の人生は自分しか歩けない。

最大のリスクは死だとするなら、まだまだ出来ることはあるんじゃないのかと自分に問う。

 

今日も皆さんありがとう。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です