あなたも正しい 私も正しい

誰しも生きていれば、辛いことや絶望の淵に追いやられた事はあるでしょう。

 

余裕のない心の状態では、自分と異なる考えは受け入れ難いものです。

 

自分は善意のつもりの行動でも、知らず知らずに誰かを傷つけているということは、あると思うのです。

 

真に優しい人は、自分の欠点を自覚しています。それらを認めています。

 

たくさん傷つけられたから、そしてたくさん傷つけたから、人を許すことができるのです。

 

だからこそ自分の為に、命の時間を提供してくれる人に感謝できるのです。

 

受容してくれる人に「有難う」と言えるのです。

 

でも経験は人それぞれ異なります。

 

だから、人を変えようなどと思うのはやめましょう。

 

人はそれぞれ違います。

 

あなたも正しい。私も正しいのです。

 

誰かに誰かの人生を強制することはできません。

 

関与のしすぎは学びの機会を奪います。

 

また、いくら耳で聴いたとしても体感しなければわからないことは山ほどあります。

 

何が幸福なのか自分なりに考え続けること。

師の言葉は師のものであり、貴方の言葉ではありません。

 

自分で経験し、自分の言葉を探してください。

 

饒舌である必要はないと思います。

 

人は、完璧ではないから。

 

それを受容してくれる友人や、笑って迎えてくれる同僚は、心広く迎え入れてくれているのですよね。

 

謙虚になり、どのような人の意見にも一旦は耳を貸してみて、一致しなければ共に歩かないという選択をするだけでよいと思います。

 

地球が生かしてあるもにジャッジはできないのです。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です