恋の問題解決

Sponsored Link

空気を読むという言葉があり、控えめであることが美徳とされるように感じますが

意見を言うことと控えるということの境は、TPOによって異なります。

 

恋愛相談をうけて話を聞いていると、

問題が起こったときお互いに遠慮しすぎて、相手にわかってもらえない人が多いように感じます。

 

相手を失うのが怖くて、言いたいことも言えなくなるのは好きであればあるほど持つ恐怖だとは思うのですが、取り返しのつかないことになる場合もありますよね。

 

長期的にみるとそのままの自分を受け容れてもらうほうが断然幸せだと私は考える方です。

 

結婚してもなかなか本音を云えない人が多いように感じます。本当は愛してほしいのに我慢して意地をはっている・・・・。

なんだか妻の機嫌がよくない。帰宅する足取りが重い。僅かな違和感を相手に見抜かれる。

こんなことが高じて、離婚まで発展する家庭も少なくはありません。

 

離婚相談に来る人には上記のような場合が多く見受けられます。

その場合大抵は「諦める」思考パターンに陥っています。

 

相手にもう何の感情も持たないのであれば仕方ありませんが、まだ愛情があるのに解決できないと思い込んで諦めて関係修復が出来ない人はたくさんいます。

 

特に夫婦なんてやっていると、相手のことをわかったかのような錯覚に陥って、長い歳月のなかで相手が人間的に変化していることさえ気づかないことがあります。

 

控え目さは確かに美徳ではありますが、どうしても放したくないものや恋愛などの感情は、きちんと相手に伝えた方がいいのではないでしょうか。

 

相手に伝えても良い感情なら、意固地になる、笑ってごまかす、泣くなどの表現ではなく

「自分はこう思っている」

「私はこうしてほしい」

ときちんと伝えてみましょう。それから別れたって遅くはないのですよね。

 

私は二度も離婚していますが、本来は二人に愛が残っているのに諦めて別れてしまうのはもったいないと考える方です(笑)

 

また、言わなくてもわかってるだろうという怠慢と

好きなくせに悪態をつく天邪鬼

女にとっては単に面倒なだけなので皆さんお気をつけください。

 

 

今日死んでも悔いがのこらないかどうか

究極の判断ですが。

 

悔いがのこらないとしたら、もしかしたらもうそんなに重要なことではないのかもしれません。

 

悔いがのこるとしたら、控え目さが悲哀を生むことになるかもしれませんよ。

 

今日は素直にパートナーに愛を伝えてみてください。

 

 

いつも皆さんありがとう。

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です