随筆 61

潜在意識などという言葉が流行りだしてどのくらい経つんだろう……

人を見抜く心理学がなぜ面白いのだろう?

わからないほうが多分楽だと思うけれど(笑)

Continue reading “随筆 61”

Pocket

随筆 60

どんなことも、やりきってダメならいつかきっと納得できる。

Continue reading “随筆 60”

Pocket

随筆 59

最近、ある場面に立ち合うことになり、また新たな恋愛における側面が見えてきた。

これはもしかしたら既に脳科学や心理学などで、立証されているかもしれないけれど

Continue reading “随筆 59”

Pocket

随筆 58

人格が高いといわれる人は有益なものを他者に与える。だから自然に人が集まる。

なるべく世界を見て、自分は搾取する側にはまわらないようにしたい。

Continue reading “随筆 58”

Pocket

随筆 57

本当に自分が願うものや望むものを、ニンゲンにはなかなかわからないようだ。

自分のことなのにわからない。

それが生命の神秘でもあるのかもしれない。

Continue reading “随筆 57”

Pocket

随筆 56

孤独が怖くて不安になる人があまりにも多いように思える……

Continue reading “随筆 56”

Pocket

随筆 55

幸せというものを勘違いしている人が多すぎるのではないかと思う。

Continue reading “随筆 55”

Pocket

随筆 54

自分の奥の方から湧き上がるこの想いを、私はエネルギーと表現しているが……

Continue reading “随筆 54”

Pocket

随筆 52

大事な人は、失って始めてわかるという人が多い。

それをアホと呼ぶけど。私は。

たとえ80年生きても、本気で愛せる人なんて一人会えたらラッキーで。ほとんどの人は一人も会えないはず。
ましてや、お互いに愛し合うとなったら、それは奇跡的なことで、大抵の人はそれを経験できずに死ぬ。

Continue reading “随筆 52”

Pocket

随筆 51

悲しいなあ。

彼らは、ニンゲンをどう思っているんだろう。

Continue reading “随筆 51”

Pocket

随筆 50

何年も前から予感だけがあって、その道程が見えなくてここまで来た。

2013年の春、ふと頭をよぎった森の中の光景。そのときに書いたものがこれ。

Continue reading “随筆 50”

Pocket

随筆 49

テーマを決めて書くよりも、随筆と題した連番しか打たないシリーズのほうが

Continue reading “随筆 49”

Pocket

随筆 48

何かを打破したいとき

それが長期に亘る問題の解決をはかろうとしている場合

Continue reading “随筆 48”

Pocket

随筆 47

何かを手放したときの、後戻りできない開きなおりと、少しの寂しさ……

Continue reading “随筆 47”

Pocket

随筆 46

どんな出会いも、自分を通してしか見ることも、感じることも、触れる事もできない主観的なもの。

Continue reading “随筆 46”

Pocket

随筆 43

自分はどこにいても変わらないはずなのに、此処にいる自分とあそこにいる自分は確実に何かが違う。

Continue reading “随筆 43”

Pocket

随筆 42

人の潜在意識はその言葉に表れている。

たとえそれが

Continue reading “随筆 42”

Pocket