随筆 10

どんなに信じていても、人は暫くするとなぜか自信がなくなるようだ。

信じ続けることはある意味、才能なのかもしれない。

Continue reading “随筆 10”

Pocket

随筆 9

本気で想う……

どうしてニンゲンなんかを信用するの?

どうして私を信用するの?

Continue reading “随筆 9”

Pocket

随筆 8

今朝、ある人の夢を見た。

荒廃した都会、日本。そこをある人と歩いていた。

「奇跡は準備ができた者にだけ訪れる」

この言葉を私に送ってきた彼だった。

Continue reading “随筆 8”

Pocket

随筆 7

あの日、あの時もしそこに行かなければ…

出会いは、こうして数え切れないほどの偶然が積み重なって訪れる。

Continue reading “随筆 7”

Pocket

随筆 6

毎日同じような時刻に起きて、同じ会社や学校に行く。それが数え切れないほどの多くの日本人のパターンだとしたなら、誰もそこに疑問を感じることはなくなるのだろう。

Continue reading “随筆 6”

Pocket

随筆 5

先日とあるビジネスチームにセミナーで話したことがある。

「脳の思考回路を変えるために、普段とは違うことをしてみましょう」という内容について

Continue reading “随筆 5”

Pocket

随筆 4

ふと入った郵便局。手続きを待っている間、椅子に座って目にとまったのは

Continue reading “随筆 4”

Pocket

随筆 3

哀しみが積み重なっても、それをきちんと自分で受けとめて生きていると、いつの間にか、心の中に圧縮されたメタルスライムが出来上がる。

Continue reading “随筆 3”

Pocket

随筆 2

私は食欲にも、性欲にも、物欲にもあまり執着しない方で、基本的には「今日生きているからそれでいい」と思っている。

Continue reading “随筆 2”

Pocket

随筆 1

ジリジリと照りつける真夏の太陽の下でも、人々は風を心待ちにしている。

まだ夏の盛りだというのに黄昏時は、別れを感じさせる。 Continue reading “随筆 1”

Pocket

魂と肉体の乖離

肉体が欲するものと魂が欲するもののギャップをいかに埋めていくか、私はずっとそんな作業をしていたように感じます。

 

多分、それは記憶にあるところの一、二歳くらいからで、自分が遊ぶことが優先ではなく、遠目に大人や子ども、人間全般を観察していたように想います。

Continue reading “魂と肉体の乖離”

Pocket