迷ったときはYES

ニーズに応えることが仕事ではないかと考えているのですが、どこからがニーズで何処までがアナウンスなのか境界の線引きは容易ではありません。

その究極の形が Continue reading “迷ったときはYES”

Pocket