ニッチ

誰も見つけていないものとか、ニーズがあるのに皆がまだ知らないもの、気づいていないもの・・・・などをここではニッチと定義させていただきます。

とある研究会で、初対面の教授とお話ししておりましたところ、まさに日本人の潜在的なニーズとニッチに気付かれているように思いました。

二人だけで話し込んでいたので、残念ながら周囲は誰も聞いていませんでしたが、彼はとても興味深いことを話していたのです。

「ニッチを広めることができる人はそう多くはいない。 もしもそれを多数の人に提示することができれば、その人の投資は100万倍くらいになるだろうね。 ここには広める力がある人が何人もいるが、それに気づくかどうかだよね。」

って・・・・。こういう何かを見抜く才能って魅力的ですね。

多くの人が良いというものの実態は、時に数になびいた判断のできない人々の意見も混在しています。つまり、何が良いのかも説明できずに流行りにとびつくというあの様です。数と必要性とはイコールではありません。

「では貴方がやりましょうよ」

って言いたいけれど、学生にたくさん時間をかけておられる様子で彼の役割はそれではないのだと思いました。ニッチについては、誰かがそれに気づいたとしても個人の支配欲から敢えて世に出さない動きをする場合もある、だから絶対的な社会に対する愛が必要なんだと仰っていました。

必要でも消される人っていますもんね。良い事が表に出るとも限りません。

閃きとはある意味、このニッチに気付くことなのではないかと思います。それを世に出せた人が大きな功績につながっていくのではないかと思います。

ただ成熟したこの人間社会はもはや、かつての「貨幣をたくさん得る」ということを成功とは呼べない世界になったのではないかとも感じています。

生きる力とは、貨幣をたくさん得ることではなく、どんな環境においても変化し対応できる知恵と身体能力だと考えられます。通帳の印字だけに頼っていてはガンになっても自分で治すこともできません。起こり得る未来のリスクを、ネズミのように鳩のように第六感で回避する力を退化させないことも大切です。

私の考える現代の成功とは、地球全体のバランスを保つ活動であったり、生物が幸福に感じる社会の創造です。一切の悲しみがないということではありません。動物である以上、自然災害の犠牲になることもあるでしょう。人間の作った武器や車が毒が存在している以上、苦痛や痛みも避けては通れないでしょう。

そういう点から考えると、政府がやるべきことは助成金ビジネスに群がる人々に税金を大量投与することではないし、年老いた公務員に天下り先を用意することでもないように思います。私たち消費者も、生物に決して必要のない物を作ってそれを販売する企業に、自分の命の時間=働いて得た貨幣を差し出すことではないのではないかと思います。

人間の争いを減らしたり、私たちが独占し過ぎた資源を不足しているところへ戻したり、人々の見栄や欲や見せ物のために殺されていく動物たちを助けたりする活動をしている人々が、困窮していたりボランティアで働かされていることに疑問を持ってしまうのです。

昨今心の問題が取りざたされるからと言って、その原因を取り除くことなく、薬剤開発やカウンセラーを増やしても鼬ごっこでしょう。その原因は一方向にしか進んでいない社会にあるのかもしれません。その方向を未だ正しいと感じて突き進む人もいますが、それは彼らにとっては「正しい道」かもしれませんが最早「悲しい道」「苦しい道」だと感じている人々も多くいるようにみうけられます。

「若者たちのやる気が見えない」という年輩者の意見を耳にしますが、それは社会への諦めからのものかもしれません。年輩者が正しいと信じてきた道が、彼らにとっては正しくないのかもしれません。

今はニッチに見えることが、変化し始めると常識になっていきます。そのような動きは世界のあちこちで少しずつ広がっているようにも感じます。

日本は国民が総鬱とどこかで聞いたこともあり、大多数がそうなら、人々かまだ知り得ないニッチな世界にその解決策はあるかもしれません。

現代の社会で「絶対」だと大衆が信じて疑わないものは、あるニンゲンが創ったシナリオに過ぎません。どの国に行っても必ず英語を話す人がいたり、空港のシステムが似通っていたり、貨幣経済が入り込んでいたりして便利な反面、恐ろしくなる時があります。もちろん、そのシステムを信じて疑わない世界があるからこそ、縄張り争いや殺し合いなども起きなくて済むのですが。

 

とはいえ、地球から見ればそのような人間活動は単なる循環で、小さな抵抗をしたところでそれこそ必ずいつか私たちの存在も消えるのですから、大した問題じゃないのかもしれません。

人間は動物なので、自分さえよければいいというのが正解なのではないかとも思います。ホモ・サピエンスと呼ばれても、知的でも何でもないのかもしれません。

 

最近感じるのです。

やはり自分は強欲だと。知的好奇心はなかなか抑えられません。

電気信号で創っている世界がこれなんて余りにもお粗末すぎて残念な気分になります(笑)

だから面白い世界を創ってみたいのですよ。まずは自分の周りから。

平和で美しくないと感じるものは脳から削除したいですね(笑)それもニッチな生き方の一つかもしれません。

 

真実は虚無リアルはファンタジー

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です