受容について

すべてを受容するということや

相手に対する優しさを勘違いしている人がいるけれど

Continue reading “受容について”

Pocket

自覚と至福

子どもの頃、大人は何でも知っていて、わかっていて、だから僕らに指示をするのだ

そう漠然と思っていませんでしたか?

だけど大人になった皆さんはご存知でしょう。

たくさんのモノを揃えて、他者と生きていくにはなにもかも必要なんだと……

わが子を守るために自分だけ落ちこぼれてはいけない……

バカにされないために自分だけ落ちこぼれてはいけない……

Continue reading “自覚と至福”

Pocket

逆境をどう乗り越えたのか

若いころから「波乱万丈」と大人に言われました。逆境に強いともいわれます。

もしこれくらいのことを逆境というのなら、誰にでも乗り越えられると思うのです。

皆さんの今日の哀しみが笑顔にかわるなら幸いです。

Continue reading “逆境をどう乗り越えたのか”

Pocket

誰かを赦せない人が抱えているもの

自分にとてもとてもいやなことをされて

それでも誰かを赦すという行為は

簡単ではないと思います。

Continue reading “誰かを赦せない人が抱えているもの”

Pocket

子孫繁栄について

私にとって子孫繁栄は人生の大きなテーマのひとつです。

Continue reading “子孫繁栄について”

Pocket

正直者がバカを見ない時代が来る

スキル修得、物事の考え方、インターネット上の情報において、コピー&ペーストの時代は日本でも終わりに向かっているように感じている。

 

恐怖を煽って顧客をつくる恐怖ビジネスや、消費者心理を読んで売る営業。

 

いまや、SNSやBlogにおいて誰もがライターになれるが

Continue reading “正直者がバカを見ない時代が来る”

Pocket

時間とお金の考え方から見る愛

思いやり

気づかい

誠意

いろんな日本語で表現される「いい人」

本当に誰かを大切にしてる人って何をしてるのでしょう?

Continue reading “時間とお金の考え方から見る愛”

Pocket

動物から学ぶこと2 人間との関係性

私は子供のころからペットを飼うという行為がきらいでした。

実は18歳まで同居していた義祖母が、犬を飼っていました。私たちと祖父母は一つ屋根の下にはいましたが、一階が祖父母の住居、二階が両親と私たちの住居となっていたため、その犬と触れ合うことはまずありませんでした。

義祖母が自分の犬に私達が近づくのをひどく嫌がるため、その犬自体も私が横を通ってトイレに行くにもじっと見ているような、義祖母に従順な犬でした。何年いたのか思い出せませんが、一度も触れ合ったことはありませんでした。その義祖母と犬の関係性が私から学びを奪っていたかもしれません。

子どもながらペットという形式は人間の傲慢さの表れのような気がして値段をつけて売られている命に違和感がありました。

子どもたちが、金魚を飼いたいと言っても、亀を飼いたいと言っても、個人的には反対ですが、私の考えをおしつけることはできないので世話を最後まですることを約束して飼っていました。一切、私は手伝いませんでした。

Continue reading “動物から学ぶこと2 人間との関係性”

Pocket