Mahiro Shu

The core is love

リアルはファンタジー

何もかもファンタジー。

こんなに誰かのお話を信用する人々で溢れかえると、ついついそこに引き込まれそうになりますが。

ニンゲンは全員、お話を創って生きていることを忘れないようにしたいものです。

明日のことは誰にもわからない、だから自分が何を信じるかで未来は変わります。

それを「思考の現実化」というのです。

とても簡単なことです。

「今日と変わらぬように明日の朝も起きて弁当を作り、朝ごはんを食べる」

と決めているからそうします。意思の問題です。

「息子は歩く」と決めたから歩きました。医療従事者であれを説明できる人はいません。

私がそう決めただけです。息子もそう決めただけです。

それもこれもお話づくりなのです。

ニンゲンはやたらと意味を求めますが、本当は単なる生物の一種なので、喰って寝て出して交尾して・・・・を繰り返しいずれ死ぬだけです。そこに意味づけをしなくてはならないことに、ニンゲンという動物の弱さがあるのだと感じます。

支配したがる人は、多くの「数」を承認のために求めたり、数が自分の価値のように「勘違い」したがります。

誰に認められなくても山のてっぺんで独り生き抜く人もいますしその人に価値がないわけでもありません。「価値」を定義する誰かのシナリオはその人だけが信じればよいもので、実際は他者にとっては関係のないことです。皆が合わせているから成り立つもので、先住民のように関係ないと思う人が増えれば成り立たなくなるものです。

そのような中でスラムや路上などで生き抜いている人の方がよほど強いと思うのです。

従う人もまた、自分で考えるのが面倒だったり、隣人より優位でありたいと自己承認にそれを利用しているだけなのでしょう。本当は生きているだけで価値があり、地球が何かを生み出したということは、生きていけるだけの環境がそこにあるということです。生きるためのものが不足すれば勝手に淘汰されます。

ニンゲンはみな主観的な目線でお話を語ります。私もそうです。

支配欲も孤独への恐怖から来ているとエーリッヒ・フロムは述べていますが、私は潜在的に自己の生命力の弱さを察知しているからではないかとも考えています。子どもを支配したがる親も、恋人を支配したがる人も後をたちませんが、あれはまさしく孤独への恐怖でしょうね。

地球の上に数え切れないほどの生物がいて、孤独になりたくても死ぬまでなれないのが現実です。

動物たちは種をこえて愛し合ったりしているように見えますが、ニンゲンにもできるのではないかと考えます。鳥や昆虫や魚と戯れて幸福でいることは可能でしょう。

でもひとたび「孤独」で「自己に価値がない」と頭の中でお話を創ってしまうと、自分の世界が現実にそう思えてくるのです。

貨幣をたくさん持つこととも、とても良く似ていますね。

沢山何かを持つから生物的価値が上がるかと言えば、必ずしもそうではありません。

誰のものでもない土地や水や海を必要以上に所有することでしか、自己承認できないとしたら哀れだと思いませんか?

もっと身近なものでも思考の現実化は起こっています。

「いつか○○する」と決めている人は「いつか」なので明日それがやってくることはありません。やると決めた日にスタートできます。

いつも誰かに「お金をとられる」と決めて猜疑心に苛まれる人は、結局何らかの形で誰かにお金をとられます。本人がいつも頭の中でそう決めているからです。

地球上のエネルギーが一定だとするなら、死んだ個体はバラバラになり炭素や窒素や燐になって、今また生まれるものの身体の構成元素となるのでしょう。輪廻転生とはそのことを言っているのではないかとも思えます。死んでみないと確認できませんが、もともと何も無いのかもしれません。また、原子が融合すると意識が生まれるとするなら、昆虫にも植物にも意識はあるでしょう。もしかしたら原子そのものにも意識はあるのかもしれません。

また、動物実験はやめてもらいたいものです。そこまでして分からなくてはならないものなどありませんし、生物が皆死ぬと仮定するなら、当たり前のことを必要以上に怖がるのはやめた方が賢明です。

もちろんこの理論だけで説明できるほど、人間は自己潜在意識を把握できてはいないし、簡単ではないと思います。

陰謀論だとか、デマだとか、これが正しいとか間違いだと決めて個人を批判する人は、ニンゲンが全員お話を創る生き物だとわかっていないのかもしれません。いうなればすべてがデマですべてがファンタジーです。平常は万人に通用する価値観を前提条件において話していますが、掘り下げると結局そうなるのです。相手の話がファンタジーだと言ってしまっては誰とも会話もできないので、きちんと傾聴しますが、本当は何もかもが創作です。

今回の騒動も、流布するお話よりもうまくお話を考えられる人が、一般的な話とは異なる意見を述べているように思いますが、決めきれない人は多数という数に賛同します。ですが、物事が何に置き換わったとしてもニンゲンに共通することや生き物に共通することはいつも変わりません。

地球があると仮定して、そこからわいてきた生物の一種であるニンゲンが地球を支配することなどできないでしょう。増え過ぎたら減るというのは自然の摂理でしょうし、自分が今日淘汰されるかそうでないかさえ、自分のお話創りにかかっているかもしれません。

他者を差別したり、恐怖で自ら病になったり、孤独でもないのに孤独だと思い込んだりすることをやめて見れば、案外あっさりと地獄が天国に転じるかもしれません。

また、人々が面白くもない悲劇のファンタジーのエキストラになるのなら、そこに関与しない別のファンタジーの主役で生きるのも道のひとつです。

誰のせいでもなく自分の思考が創ったファンタジーの中で生きているのがニンゲンなのです。

 

真実は虚無 リアルはファンタジー

 

 

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

Read More ...

世界の変え方

赤ん坊の頃、何も知らずに生まれてきます。

どんな母親なのかどのような父親なのか。どんな場所に生まれ何を正しいと洗脳されていくのかも。

生まれた場所や親によって、赤ん坊の思考回路は形成されていくでしょう。

どんな人も何かしら思い込みを持っていて、自分の脳を疑うことは容易ではありません。

悪意なき赤ん坊は、正解などないのに正しさをおしつける親や大人により、無限の可能性を潰されます。

そして殆どの人が、自分の心ではなく周りの行動を見ながら、これでいいのだと自分を言い聞かせ進んでいきます。

昨今のように誰かの描いたシナリオを信じ込んでロボットのように動く人々が現れてくると、何かで操作しなくても既にマリオネット化は現実になっているように見えます。

ある日、善意のリーク者による事実を耳にしたとしましょう。たとえばそれは決して誰も幸福にならない恐ろしい話。

話を大筋で信じたとして、ではどうすればよいのか…。

ただ怖がるだけでは覆すことはできません。

あなたの世界は恐怖一色で終わります。

 

何もかも同じなのです。

赤ん坊の頃、親に正しいと言われたことを信じたばかりに、物事をゼロから考える力を失います。

それでも社会は危険極まりなく、退化しそうになった第六感でなんとか事実に辿り着いたとしましょう。

でも、あえてそれを脳から削除するのです。

なかったかのように。

「それは事実かもしれない、でも自分の世界には要らない……」

というようなイメージで。

その存在を記憶から消しましょう。

これで自分の世界に不幸はやってきません。

もしもその事実を怖がり、不安になり、そのシナリオのキャストになってしまったとき、あなたはその荷担者となります。

それは他人のファンタジーなので、自分のファンタジーを描きましょう。

他人にふりまわされない幸福な世界を創造しようとするとき、それは実は『大きなことを成し遂げる』大変な偉業なのです。

誰かのシナリオを信じて疑わない人々の意識は、シナリオライターと同化しライターの思考の現実化の一助になってしまいます。

そうでない人は別の世界にいます。

みな自分で信じた世界を視ているだけのことです。

 

数年前、予防接種なしで電気ガス水道のないアフリカの村に滞在しました。

村の人の家でご飯を食べ、たくさんの人と握手しハグしました。

マラリアにもコレラにも罹患しません。

自分は大丈夫だと決めているので思考は現実化します。

 

ところがほぼ全員が信じて疑わない『腰椎を失い下半身不随になった息子は生涯歩けない=誰かの洗脳=机上の空論』というお話ですが、あれを覆すのは容易ではありませんでした。

それを信じている人の思いが強すぎると、そちらが息子の未来を現実化してしまうのです。

それらは私の思考の現実化を阻みます。

「この人ならやるかもしれない」

という、私を信じてくれるたくさんの人の意識が必要でした。

それをまとめたのがこれです。

赤ん坊の頃無限大にあった可能性を親によって潰され、ニンゲンの作ったお話を信じて『勉強』なるものをしてみるヒトが殆どでしょう。

でも、ぜひそれが本当かどうか確かめてください。

次に、何かをおしつける人の目的や意図を考え、それが自分の人生に良いのか良くないのかを考えてから、そのシナリオを採用するか否かを選択します。

信じていたことと異なるショッキングな事実を目の当たりにしたとしても、ぶれてはいけません。

所詮それもニンゲンの創るお話だと考えるのです。

そして、自分の脳さえ常に疑うことです。

 

真実は虚無 リアルはファンタジーなのです。

自分さえ例外ではありません。

つまり人は皆、自分が創造したお話の中に住んでいるのです。

 

私は他人の創るお話には興味が持てません。

無意味な動物の殺戮、大気汚染、農薬だらけの食べ物、金の独占や人々の支配、遺伝子組み換え、どれもこれも嫌悪する話ばかり。

だから、こう考えたのです。

自分の脳裏から削除してしまえと。

記憶には単なるファンタジーとして留め置く程度にします。

誰かの創る不幸なお話を信じて、その人の思考が現実化するのを助けるなんてまっぴらです。

戦う必要もなく逃げるのでもなく、削除するのです。真実の記憶から。

『誰かの創ったファンタジー』だと認識すれば『それは真実ではない』という記憶しか残りません。

自分の真実は自分で選択できるのです。

自分の好きなものだけ集めましょう。

恐怖に生きる人々は同調しあい、恐怖のシナリオの世界にキャスティングされるでしょう。

私は自分のシナリオを自分で描きたいのです。

そのシナリオには、ある種の美しさを散りばめたいのです。

不安と恐怖は、暗く不幸なシナリオに同調してしまいます。

今後、創造性の高いシナリオを描く人々と、自分で考えずに誰かのシナリオに依存する人とで世界が分断されるでしょう。

どのみち世界とは、個々が電気信号で感じて具現化しているファンタジーに過ぎません。

もしかするとこの世には地球なんて存在しないかもしれないのです。

私は観たことがないので何とも言えません。

もしあなたがいま幸せになりたいと真に願うなら、自分にとって美しくないものは記憶から消してしまいましょう。

そういうときに、例外や奇跡が起こるのです。

それが私の考える世界の変え方です。

 

今日も皆さんありがとう。

Read More ...

活動

執筆活動

 

◆奇跡は準備ができた者にだけ訪れる-ある日突然、下半身不随になった京大生の軌跡―◆(2016年11月1日初版 文芸社出版)

 
(▶ご購入はこちらから)

2010年のある日、息子が事故に遭ったと電話がかかってきた。

「命に別状はありません」

タクシーに巻き込まれ、腰椎が瞬時に破裂し、下半身に感覚がなくなった。

「二度と歩けない」

「社会復帰?ありえません」

そう医師に宣告された家族の実話。

 

逆境をどう乗り越えるか

自分の未来は自分で創造できる 

すべての人に可能性はある

 

息子との奇跡についての記事はこちら

☆読者の感想

 


MAHIRO思考 ~愛とは深く冷たいものである~◆ (2020年2月22日初版)

 

(▶ご購入はこちらから)

自分を信じて迷いなく前進できたり、自分でも気づかなかった本当の望みに辿り着けたりするような物事の捉え方を100章で著したものです。

「そう考えれば、確かにどうってことがないな」

「そうか、自分はここがダメだと思っていたけど、逆に善いことだったんだ」

「どうして今までこんな風に思い込んでいたんだろう」

というような、視点の転換が起こることを目的としています。

視点が変われば未来も変わります。

皆さんの幸福の一助になれば幸いです。

パラダイムシフトを起こしてください。

 

万物に幸あれ

 

セミナー・講演

 

独自で構築した手法により、思春期から塾年の方まで、あらゆる職業、役職の方を対象とし、とらわれた思い込みを外して新しい視点を見いだせるように創造したものです。

●コミュニケーションに必要なこととは。

●自分らしく生きるとは。

●思いやりを持つとは。

●信頼される人とは。

●愛しあうことに必要なものは。

●幸福とは。

などあらゆる年代、肩書、組織に通用する本質をベースにお話しします。

 

環境に左右されない、幸福を自ら創り出す力

行動、選択の方法で得られる信頼や幸福感

どんな人にも可能性があると気づく視点など

 

☆講演セミナーについて

☆受講者のお声

 

当ホームページの著作物に関して

※当サイト掲載の写真は弊社専属カメラマンの写真を含みますので、転載をご遠慮ください※