講演セミナーについて

 

 

講演セミナーでお話する理論は、誰かから教わったメソッドではなく、幼少期から考え続けた結果、辿り着いた独自の考え方がベースになっております。(内容については、拙著、奇跡は準備ができた者にだけ訪れるMAHIRO思考を参考にして下さい)

強いて言うならば、師は出会ったすべての人々・動物・植物、自分の関わった過去すべての環境です。

 

講演セミナーでは、瞬時に視野の転換が起こることを目標とし、誰もが聴いて納得できる本質を基本に、各々がひとりでに問題点に気づき変化することを促す内容をお話しています。

とらわれている個々の思い込みを外すことにより、主体的に変化することができます。今までの自分の躓き、日々の違和感などに気づけば、納得して物事に取り組むことができ、それは仕事、勉学、恋愛、夫婦、親子、組織において、主体的に動く力になります。

気づきを得ることにより視野が拡大した人々は、自他を認め合い、人間関係やコミュニケーションを円滑にして、悩みや摩擦を減らしていくことができます。簡単に言うと器が大きくなるということです。視野が広いから器が大きくなり、それが人間力の高さになります。

人は気づけばひとりでに変化し、自発的に選択し行動を起こします。自発的でないから、義務的になり士気が下がりやる気も起きないのです。

例えば自発的になれと親や上司に言われても、自分でも何が引っかかっているのか言語化できない人々が殆どです。それでは決して本人の前向きなモチベーションにはなりません。

講演セミナーは、子どもが聴いても理解できるような言葉でお伝えしていますので、転じてそれは、どんな大人が聴いても理解できるということになるのです。

昨今「生きる力」が教育現場でも取りざたされますが、それは自発的な選択と責任、つまり「自立」ができないと叶いません。

ですから、なるべく本質、つまり誰もが聴いて納得できることを中心に、個人が持っている思い込みに気づいていただき、「その場で」気づきを起こし、自発的な行動につながるように構成しております。 

人間関係の問題の原因が、どのような価値観の違いなのかということに気づけば、親子、夫婦、組織、国籍など関係なく、着地点が見つかり、悩みや摩擦が減っていきます。

日本は現在、戦争を行ってはいませんが、人々はあちこちで戦って争っています。家庭の中でも、時には親子で、時には夫婦で争っています。戦って争うことを戦争というならば、この国は戦争をしているのと同様だと思うのです。

その原因は「正誤」のおし付けであったり「優劣」であったり、「善悪」であったり、人を支配しようとすることです。

いまや「これが正しいのだ、これが間違いだ」と誰かが誰かの人生に介入する教育では人々は動かないと感じています。かえって不安をあおり、疑心暗鬼にさせ、本来老若男女が誰もが求めている心の充足を得る方向とそれは真逆に動いているように思えるのです。

 

聴講者の方々に対しては、ご自身の人生を重ね合わせ、心の中に潜んでいる感情を、その方がその方なりに気づくことで自他承認・相互扶助・自発的な行動を促します。

 

思い込みを外す

気づく

視点が変わる

視野の拡大によって想像力がアップする

相手の立場にたって考えられる=思いやり

自他承認できる=許す、認めることができる

人間関係の円滑化

人生の質が上がる

幸福度が増す

 

 

同時に、私自身が体得・体現してきた奇跡的な経験を提示していくことで、思い込みを外して不可能を可能にする力に気付いていただき、すべての方の才能が拓くことをも目的としています。

対象者は老若男女、悩みのあるすべての人です。個人から組織まで可能です。

企業、市民団体、育児サークル、女性団体、管理職向け、新入社員研修、PTA、教職関係者、親子、学生等。解決したい問題点のヒアリングをしっかりし、学生さんなら学生さん向けに合わせたお話をさせていただきます。

 

下記お問い合わせリンクより講演セミナーの依頼を受け付けております。

お気軽に下記までお問い合わせください。

Mahiro Shu事務局

Pocket

3 comments

  1. まひろさん
    はじめまして
    私は、大阪府堺市在住
    森重みなこと申します

    まひろさんのホームページに
    導かれたことに驚いています

    今、現在、私が想っていることと
    同じ考え方です

    Facebookのどなたかのシェアから
    こちらにたどり着きました。

    今、具体的には地球村の高木善之先生の活動を手伝っていますが

    まひろさんのような方がいらっしゃるのだと、感激しております。

    大阪での講演会のご予定は
    ございませんか?

    是非、お逢いしたいと思いました。

    どうぞ、宜しくお願いいたします。

    1. 森重さん。
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      現在講演においては、ニーズに応えるという形でご相談させていただいており、こちらが主催するこは基本的には控えております。

      一度、お会いしてお話をお伺いできればと思います。

      お手数をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

      Mahiro Shu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です