迷ったときの選択

私達は、日々様々なことを選択し、生きています。

何を口にするか、何時に寝るか、誰と話すか、何を着るかなど……

淡々と流れるように行われることは、その意味を意識することもなく、気がつけば何十年と過ぎていきます。

そのような日々の中で、どちらにするか迷ってしまうような場面に出くわしてしまい、答えがなかなか見つからない時もあると思います。

人に尋ねてみたり、ネットで検索にかけてみたり、仕事でプレッシャーを感じて、そうしなければいけない、でも……なんて風に考えて立ち止まってしまっているときなど。

そんな選択に迷ったとき

間違っても物質的な損得や、虚栄心や、義務感や、他者からの強制などで選択しないことです。

いつも迷ったときの選択はこれでなくてはいけません。どんな人も。どんな存在も。

それは

自分が幸せになる方

です。たとえば、息子が下半身不随のままだったら、私が幸せじゃないし、息子も幸せじゃないし、家族も関係者も誰も幸せじゃありません。なので、医師の「僕が無理だと言うことは世界のどこへ行っても無理」という言葉を信じないで、歩かせようと決めたわけです。

そして、我が子達はなぜかいつも「母さんが幸せならそれでいい」と言ってくれるので、余計に自分の幸福を諦めるわけにはいきません。彼らの幸せの一つが私の幸福であるのだから。そして、私の幸せの一つが彼らの幸せでもあるので、幸せを願い合う無限ループですね。

また、誰かのために行動したとしても、それが必ず自分にとっても最善の選択でありたいと思っています。

その人が幸せであることが、自分の幸せであるなら、それがたとえ自分が嫌われてもかまわないというような場合も含みますよね。

どうしても甲乙付け難い選択というのはあると思いますが、そのときその時で、自分にとって幸福度が高い選択をしていると、当然こうなります。

幸せな選択の連続によって、幸福な最期を迎えられるということです。

たとえ災害に巻き込まれても、事故に遭って命を落としても、幸福な人生だったと云えると思うのです。

思いがけず災難がやってきたときがあったとしても、そこからまた幸福な選択を続けていると、いずれまた、至福の世界が出来上がっているんですよね。

逆境に強い人って、多分、こうして何度でも幸福な選択をしているのかもしれません。

生きている以上、それぞれが自由であるはずで、選択も同様に自由にできるはずなんですよ。

人に言われたから、などというよくわからない理由で、自分の命を無駄使いしないで欲しいなと思います。

私達が命をつなぐために、先祖代々、膨大な生命を殺して血肉にしてきています。

殺した生命に対する責任は、自分が幸福になることしかないのではないかと思います。

価値基準は他人ではなく、自分です。

みなさんもどうか、幸福な選択を。

 

人の幸せは嬉しいものであって

人の不幸せは悲しいものである

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です