随筆 47

何かを手放したときの、後戻りできない開きなおりと、少しの寂しさ……

妥協することは、自分の命に関与したすべての存在に対して無責任だ。

いったん停滞していたエネルギーを、せき止めていたダムが放流するように全て出し尽くしてみたくなる衝動を、私は抑えきれなくなる。

何もかもマックスで生きられたなら、とても素晴らしい。

ニンゲンたちの決めた「正解」は私にとっての正解じゃないから。

一部のニンゲンが決めた「システム」は、信じている人だけのものだから。

地球が私を生かしているのならば、それが正解だから。

確かめてみたいことが、まだまだある。

何もかもが必然なら、出会う人も全員必然なのだと思う。

責任は個々にある。

どんな人も自分以外すべてが脇役。

点と点が繋がって線になる。

逢いたい人がいるならば、会いに行こう。

行きたい場所があるなら、必ず訪れよう。

やりたいことがあるなら、諦めずにやってしまおう。

自分の命を生きよう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です