随筆 51

悲しいなあ。

彼らは、ニンゲンをどう思っているんだろう。

2歳の時、同居し始めた祖父母。

血のつながらない祖母が、真っ白のスピッツを飼っていた。自分が白米が好きだから、彼女にも白米。

子ども心にも、どうして犬にあんなものばかり食べさせるのかと疑問に思っていた。骨をやらないのは何故だ?って。

年中、獣医のところに連れて行ってた。かわいそうに、糖尿病と子宮がんを併発していた。

その人は自分の部屋を見張るように、犬に言い聞かせていたので、家族にも吠える。

一階で住んでいたその犬。

一度もその犬に触れたことすらなかった。

ニンゲンの玩具のように飼うその扱いが大嫌いだった。

アフリカに住んでいた次男。ある日、庭に迷い込んできた小犬がいた。あちらでは狂犬病が怖がられ、野良犬はニンゲンに殴られたりすることもある。息子は狂犬病ワクチンを打って、広い庭のある家で小犬と暮らし始めた。

私が犬と触れ合うのはもう何十年ぶりだったか、亡くなった母方の祖母のマルチーズと遊んだとき以来か。

息子といた彼は訪れたときはかなり大きくなっていた。

あの国での動物たちは、この人となら一緒に生きていけると決めて、そこに定住しているように見える。

仕事で言うなら、役職や役割など、自らしゃしゃり出て「やりたい」というリーダーと「あなたしかいません」と言われてそれに応えるリーダーとの圧倒的な違いのようなもの。

動物たちでも、ショップで「売られて」かわいいなんてことをいって「買われる」ものと、彼のように自然に息子のところに住み着くものとは違う気がする。

同じアフリカの知人の家には猫がいつの間にか住み着いて、彼女が日本に帰国したあと、預けた別の家から行方不明になった。

息子と暮らしていた彼は、庭続きの隣のおじさんが面倒をみていてくれていたが、息子が帰国した一年後、つい先日、行方不明になった。

聞けば、息子が住んでいた家に別の人が住み始めたらしい。多分、ずっと息子を待っていたのに、別の人が入ったので、もう帰ってこないと思って捜しに行ったのかもしれない。そのすぐ後、短期で今、息子はそこに戻っている。

(隣のおじさんの飼う鶏の骨や内臓を食べている。おじさんも自分の鶏が三羽も襲われて食べられたのに、きちんと面倒をみていてくれた優しい人だ。)

彼はまさかアフリカ大陸と、息子のいる日本がこんなに離れているなんて知らないだろう。今も息子を探しているのかもしれない。帰国するまでに、どうか息子をみつけてほしい。

本来、ペットというのは、人間より下位な生き物ではなく対等な仲間のようなもので、私から見れば、大好きなニンゲンたちと、コニーサンの立ち位置はなんら変わりなかった。

それでも普段は彼らをケージに閉じ込めていることに、懺悔の気持ちが拭えない。玩具のように店で買い求めたとしても、彼らと対等に付き合う人も中にはいると思う。たとえそれが後天的な価値観でも素晴らしい。

 

今日、森井啓二さんのブログでまた、動物に対する酷いニンゲンの仕打ちを知った。

自分が生きるために、動物を殺して食べることは、食物連鎖としては仕方ないと考えられるが、このようなことを50年も続ける目的がなんなのか?そういうニンゲンは、どのような思考回路をしているのか?それに快楽を覚えたとしたなら、何を食べればそのような神経伝達物質が作用するのか教えてほしいものだ。

ゾウのなみだ

 

自分だけで良い。個々が平和的な思考と生き方を学べば、世界は瞬時に幸せになる。

食べ物として命を奪うことはあっても、それ以外の、特にいたぶるような殺戮はなくなるだろう。

ニンゲン全員を長生きさせることだけが正しいというわけではないと思う。弱肉強食のもと、弱い種は淘汰される。

しかし、その淘汰が、できれば武力や必要量をこえた不自然な独占によるものではないことを願う。

私達は動物だけでなく、植物、昆虫、菌類微生物とも共生しなくてはならない。

地球の上のこの世界は、清濁合わせ飲んで全てで一つを創っているのだから。

ニンゲンとは本来、このような醜い種であるのかもしれないが、本当に知能が発達したというのなら、もっと少ないエネルギーと、もっと少ない殺戮で生きていけるのではないかと思うのは私だけなのだろうか。

 

生きることは殺すこと

 

この殺しの意味をしっかり考えて生きたいものである。

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です