美しくなる食

ビタミンEがアンチエイジングによいとか、日本の栄養学は間違いだらけだとか、産地偽装だとか、錠剤サプリで健康を保つとか……

たくさんあります。

多分、健康で長生きしたくて皆さん情報収集をしているのかなと思いますが

そもそも順序がおかしいと私は思うのです。

栄養素を見る前に、

ビタミンやミネラルの働きを机上の空論で学ぶ前に、

自分の外見を気にする前に、

私達は別の命を殺して自分の中に取り込んでいることを知らなくてはならないと思うのです。多分、遅くとも小学生では理解できていると思います。

栄養素にフォーカスしている人は、栄養素だけをみてサプリに価値を感じますね。

命にフォーカスしている人は、その植物や生物が自分の口に入るまでの過程を想像しますね。

例えば途上国で農夫が労働し、作物価格を証券取引所で安く叩かれ、先進国に輸出され、加工されパッケージングして店頭に並んでいるのではないかとか。

家畜が閉じ込められ、生涯外に出ることもなく、朝から晩まで卵を産まされたり、まだまだ生きることのできる豚をあっという間に殺したり、肉を柔らかくするためだけに去勢されたり……

そんな過程を全く考えずに、お腹が膨らめばなんでもいいとか、たくさん食べておきながらダイエットするという矛盾、命に対しての畏敬の念のない取り込み方をずっと続けていると、それは美しさとは程遠くなるのではないかと私は考えるのです。

また我が家のように、夫が外で働いてきて、その命の時間を貨幣という物質と交換している場合、まさか添加物だらけの身体によくないものや、面倒だからという理由だけでおかしな食品にそれを投じることはできるものではありません。

結果的にそれは、夫の命の無駄遣いであり、選択する時間に費やす私の命の無駄遣いであり、またそれを家族が食べるという行為そのものの無駄遣いであると考えています。

自然治癒力が高いことは、特別なことではなく、それを何十年と続けてきた結果なのではないかと最近は思います。

海外のものをいただくときは、その国の農業従事者に感謝し、届けてくれた企業に感謝し、その生命の恵みに感謝し、それを引き寄せたことに歓喜します。

日本の家畜の現状を知れば知るほど肉は食べたくなくなり、今はほぼ食べていませんが、肉食が間違いだとは思っていません。

うちの愛すべきハムスターが次々と逝くなかで、バラの土に埋めて、そのバラを翌春に私が化粧品やハーブティーとして取り込むことも考えますが、本来は毛をむしって、彼らの体ごとスープにでもして私の身体に取り込んでしまいたいくらいです。

自分がどうしても生き残るために、動物を殺して自分の中に取り込むことは、食物連鎖としては当然の成り行きだと考えますが、事足りているのに食欲を止められず、無作為に食べることとは一線を画すべきものだと思います。

 

ヨガの考え方にパンチャコーシャと言われるものがあるそうです。人間は五層で成り立っているという考え方です。

外から

1、アンナマヤコーシャ: 食や五感でエネルギーを取り込み、肉体を司る。

2、プラーナマヤコーシャ: エネルギーや気を司り、肉体と心を貫いて循環させる。

3、マノマヤコーシャ: 心を司る。

4、ヴィジーナマヤコーシャ: 本質的な智慧を司る。

5、アーナンダマヤコーシャ: 歓喜を司る。

この5つの流れを良くして、自分と繋がり、智慧を以てして、歓びの状態で生きること、つまり幸福を目的としているそうです。

 

食は食だけではなく、心と繋がっています。身体とも繋がっています。智慧にも関与します。もちろん美しさもその結果でしょう。そして、結果的に人生が幸福かどうかまで左右しているのかもしれません。

一つ一つの命の恵みに感謝して自分の血肉にする何十年と、栄養素だけにとらわれたり、量だけにとらわれたり、料理してくれた人にも感謝の念もなく取り込み続けた何十年とでは、多分その人の食べ物自体の選択も、内から作られた表情も、100兆個の腸内細菌も、脳の神経伝達物質も、思考回路も、すべてが大きく違ってくるとは思いませんか?

もちろん、自分の調子が良くない時期もあり、心に余裕がないときもあります。完璧にこんなことをしようということではありません。

でもまず意識を変えてみれば、どこかにわざわざ習いに行かなくても、智慧はひとりでに自分の脳に降りてきます。

身体が欲するものがわかります。

我慢など一切必要ありません。

地球の一部だと自覚できます。

フォーカスすべき点を少し転換し、日々の食事に感謝してまずは10年過ごしてみてください。

その先に、きっと見えてくるものがあると思います。

 

万物にありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です