忘れられない人

今が例え幸せだとしても、誰にだって忘れられない人はいるのかもしれません。

人によっては、失恋した相手とか、別れた相手とか、死んでしまった人とか……

それぞれ様々な出逢いがあったとは思うのですが、記憶とは嬉しくもあり哀しくもありますね。

記憶は匂いとセットになっていたり、歌とセットになっていたり、季節とセットになっていたり、時には風とセットになっていたりして……思い出すつもりもなくても、何かから想起されるものです。

そういう時のその人の表情は、現実と過去が交錯し、遠くを見つめています。

切り取られた時間は、まるで氷の世界で瞬時に固まってしまったように、過去に決して戻りたいとは考えなくても、それがいまここで見ている場面かのような錯覚に陥るほどリアルです。

それは記憶のなせる技。

時は流れ、はるか彼方に行ってしまっても、煌めく思い出というものは美しいものなのでしょう。

そんな思い出がたくさんある人は、やはりとても幸せなのかもしれません。

大切な人がそういう想いをしているとき、嫉妬するのではなく、そっとしておいてあげることができたなら、きっと現実に戻ってこられるのでしょう。

 

夏の終わりが想起させるもの。

風と静寂と掌でしょうか……

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です