Tanzaniaで生活してみた!Part7 村の小学校に連れて行ってもらう

村の活動的な農夫の案内で、村の小学校を訪れる機会を得た。

まずは校長先生に挨拶。

小学校の現状

子供たちは240人。1~7年生。校長先生から現状の問題点や課題を聴く。

両親のいない子が結構いるらしく、先生や村の援助で家を借りて6人ずつくらい年齢を上下で考えて、子供だけで生活をさせているらしい。

それでも制服を着て給食も食べているので(無償ではない)援助でなんとかまわっているのだろう。

先生の寮がないと聞いたけれど、そこはバイクも持っているような公務員の方々、通って来れば問題ないと思われる。

校長がボールがないとか、運動する道具がないとかも話していた。余裕はないのは一目瞭然。

かつて、ヨーロっパの一家がこの学校を援助してくれていたらしい。NGOなどの組織ではなく、個人的にだったそうで、その女性が亡くなったいまは援助はないそうだ。

 

子どもたちが明るい!

経済的に困窮していても、子供たちは日本の子供よりなぜかキラキラしている。

f:id:MahiroShu:20160128122924j:plain

(写真転載禁止)

各学年の教室の前で、挨拶と自己紹介をし、とても歓迎された。一応スワヒリ語で。

校歌を歌ってくれたクラスもある。

写真をとって良いかと聞くと、快く先生も入る(笑)

f:id:MahiroShu:20160128122750j:plain

(写真転載禁止)

子供は私にべったりで、手をつなぎたがる子どもが多すぎて二本じゃ手が足りなかった。(笑)

低学年は先生手作りの段ボール素材の道具などで、丸・三角・四角などの図形を教えていた。

木の枝につるした段ボールのボードで数字や言葉を楽しく覚えるように工夫。

少し質素に見えるが、光景は日本とかわらない。

校則も先進国民が当初作製したのか、ほぼ日本と違いなかった。(かつてイギリスの植民地だった)

此処は現地語で授業。でも英語も1年生から教えている。

高学年は英語で話しても通じた。

生徒たちは裕福な農家からもらった牛の糞で堆肥作りもしていて、学校で農作物を育てているようだ。

決して十分ではないけれど、自分たちの食糧として。

 

これは運動場

f:id:MahiroShu:20160128122837j:plain

(写真転載禁止)

何も無いけど広い。

農業は彼らと切っても切れない。

このあと乾いた大地に、恵みの雨が降った。

もう少しで枯れそうな彼らの農作物が助かることを祈った。

 

援助のあり方について

根底を見ずに援助をしても解決はしない。

多分、教育も仕事も子育ても全部同じで、根底、つまり本質を見抜く目を持たないと、問題解決はできない。

表面的な問題は本当の問題ではない。

未来を見据えたとき、何をするのが最善なのか。

 

子供の瞳は輝いている。

日本の子供よりもずっと。

87 Children

家族は助け合ってる。

日本よりもずっと。

 

果たしてここで本当に何かをする必要があるのか?

究極は何もしないこと

傲慢なおし付けは悪にしかならない場合もある。

私達先進国民に出来ることは、これ以上の欲を捨て、傲慢さを顧みて、分け与えることだったりするのだろう。

 

続きはこちら↓

Tanzaniaで生活してみた!Part 8

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です