話していて楽しい人って何が違う

Sponsored Link

話していてほっとする人とそうでない人の違い。

 

コミュニケーションにおいて、傾聴が大切だということは、多分皆さんご存知なのだとは思うのですが、傾聴ってただ聴くことだと思っている人も多いのではないかと思います。

 

●傾聴とは

相手の話を黙って聞くことではありません。

 

 

言葉の概念が人それぞれ違うということをまずわかっていることが必要です。

 

生い立ちが違うことを理解しているかどうかも必要です。

 

その人の脳の思考回路がどうなっているかを想像することが必要です。

 

その人の心の動きを掴むことが必要です。

 

そして、何を求めているのかを見抜く力が必要です。

 

そして忍耐が要ります。

 

 

時に資格は意味をなさず、カウンセラーの資格があっても傾聴ができない人はできません。

 

そして、話す側は、どれだけ長く話しても、相手が上記のような人ではない場合、疲れるだけです。

 

話しているとわかります。

 

相手がその人の「日本語」だけを捉えているのだなと。

また「心」を捉えているのだなと。

時には、自分のことばかり考えていて聞いてないなとも。

 

それはこちらが傾聴しているからわかることです。

 

 

相手に聴く気がない場合は、話した時間が無駄に終わるので、さっさと切り上げた方がいいでしょう。

 

そして忍耐強く聴いてくれた人には、感謝ですね。

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です