逆転の発想

好きだという言葉は、実は奪う行為かもしれない。

言葉の概念を取り違えると、まったく逆の世界を見てしまうことになるかもしれない。

一つの言葉や行動、事象は常に逆の意味をはらんでいる。

 

この人は強いから、お金をたくさん持っているから、仕事が出来るからといって、何の貢献もしなかった人がそこに依存する光景は、愛ではなく搾取でしかない。そして恋愛においても、心底、依存を愛だと思い込んでいる人がいるということも事実だ。

 

ただし逆転の発想で見れば、依存される側が孤独の解消や承認欲求を満たしたいという意図を潜在的に持っているなら、他者が依存することはその人への貢献になるだろう。

 

簡単に人に同情する人は、逆に見た場合「心配している」のではなく、傷の舐めあいであり、自分の潜在意識を投影した正当化であったりする。

 

「子どものために」と口にする親は、行動を見るべきであり、親に何らかの違和感を持つ子どもは思春期に荒れる。思春期に我が子が荒れた家庭は、自分を顧みるべきである。子どもは突然モンスターにはならない。

 

かといって子ども側もそれを引きずるのは命の無駄遣いに他ならない。善いことは継承し悪しきは断つのが真の先祖供養であると思う。大人になっても親のせいにしている人がいるが、それは親子ともに責任の擦り付けあいで、何も生まない。先にいう命の無駄遣いであり、人に完璧ばかり求めず感謝の気持ちを持てる人になればよい。

 

私たちは多くの動植物や、特に先進国民は多くの途上国の人々を殺して生きている。善人と言える人など一人もいないと思う。だからこそ、命を無駄遣いするような人は「感謝」という言葉を簡単には使うわりに、感謝とはほど遠くなってしまっている。

 

自己の潜在的なマインドを客観視できない場合、自分を正当化するための言動に走ることが多くなる

 

 

これらの逆転の発想をもってすると

私の中ではこんな風に併行して認識されている。

 

「人のため」という言葉を使う人は「支配欲」が潜在的にあるのかもしれない。

「愛する人の幸せを願う」という言葉や行為は潜在的な「逃げ」かもしれない。

知識で武装する人は感覚が弱く、自分という動物を信じていない。

善人に見える人は究極の悪人かもしれない。

知識人に見える人は劣等感の塊かもしれない。

悪人に見える人は善人かもしれない。

「あなたのため」は「自分のため」

ネガティブな人は誰よりも優劣を決めたがる人かもしれない。

浮浪者は悟りに達した人かもしれない。

頭の良い人は馬鹿かもしれない。

 

同時並行でこんな風に考えて生きていると、何が善で悪か、何が正しくて間違いなのかわからなくなる。

だから、正誤はなくて善悪もないっていうシンプルな答え。

 

結果的にこんな風に考えてみていると、人を罵倒する人がおかしくて仕方なくなり、自由に生きていない人が苦しそうで見ていられなくなり、地球を傷つける人間はバカな生物としか思えなくなるけれど、地球がこの世に私たちを生み出して、命を授けてもらって存在しているということは、結局「生きること」であり、ただひたすらに生きることが私たちがやるべきことなのではないかと思うようになった。生きることが一番素晴らしいのではないかと。

 

清濁合わせのんで、喜びの背中に在る悲しみもきちんと受けとめて生きていきたいと今は思ってる。

 

強さとは優しさであり

優しさとは悲しみである

悲しみは赦しであり

赦しは愛である

喜怒哀楽は人間であり

無は悟りである

 

自分を生きよう。

今日も確かに一緒に生きている。

今日も皆さんありがとう。

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です