Fijiで生活してみた Part 4 首都へ

前回は西側に滞在していたので、今回は東側の首都Suvaにいってみることにしました。

バスに乗るつもりでしたが、 例の逆ヒッチハイクの白タクに声をかけられて、二人で5ドルという交渉のもと乗せていいてもらいました。

どうせその方面に行くなら、空っぽで車を走らせるより、お金をもらって誰かを乗せていこうと考えているようです。

日本人はヒッチハイクと言えばタダだと思っていますが、それは通用しないと思ってください。

収入が月に三万円ほどしかない人でも、私たちと同じ金額をきちんと払っていて、日本人より自立しているように感じました。

 

FB_IMG_1461926761427

Suva のバスターミナル近辺

 

FB_IMG_1461926753939

スルのショップ

スルというのはこちらの衣装です。フォーマルなシーンでは、男性も巻きスカートみたいなモノを履いています。

SUVAには百貨店や映画館もあり、他の街より建物がしっかりしていました。心なしか、人々の表情が少し険しいように感じるのは、政府関係者や外国人も多い都市だからでしょうか。

FB_IMG_1461926794792

 

 

FB_IMG_1461926785576

いいお店を見つけたのでビーチサンダルを購入しました。3ドルでした。

日本と異なるのが、靴が右左バラバラに山積みされていて、セットが見つかりません。ほしいサイズが右ばかりで、左を探すのにかなり苦労しました。やっと見つけたけれど、かなり疲れました(笑)

 

FB_IMG_1461926766993FB_IMG_1461926771160

家電は結構高いです。もしここに住むならどの程度必要なのかと念のため撮影。家具も見ましたが、日本の職人さんとは雲泥の差(笑)

海外にいくたびに、日本人の手先の器用さと繊細な仕事には感心させられます。

 

FB_IMG_1461928447171

そして、下手くそすぎて、色がとても恐ろしい、絶対に買いたくないケーキを売っているお店を発見!

こちらのケーキでは普通ですね。子ども達の誕生日なんかに買ったりするのかなあ。私、間違いなくこの国でケーキ屋できます(笑)

 

FB_IMG_1461928753328

マーケットの花屋

FB_IMG_1461928759669

マーケットの入り口のジュース売り場

 

広い市場で、いつも不思議に思うことがあります。

マンゴーならマンゴー売りが皆並んでいて、ジュースならジュース売りばかりが並んで商売しているのです。

入り口は四方にあるので、分散すればそれぞれ売り上げがあがるのに、わざわざ一か所にかたまって、手前の店ばかり売れたりしないのでしょうか。

 

そんなことを考えながらそろそろ帰りの時間。バス乗り場で行き先を間違えないようにチケットを購入し、今度はローカルバスで帰ることにしました。

 

バスはけっこう時間がかかりました。逆ヒッチハイクの方が断然早かったです。

でも、途中の村や小さな田舎町を通るので、急いでいなければローカルバスの方が楽しいかもしれません。

FB_IMG_1461928796285

ローカルバスの中

 

FB_IMG_1461928818603

Nabua から家までの道中でみた景色

 

FB_IMG_1461928837567

晴れた日はとても空が青く、それだけで幸せな気分になるのです。

いつ来ても帰りたくないと思う理由は、この空と水と土なんですよね。

 

Part 4に続く

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です