Mahiro Shu

The core is love

愛について 

恋愛であっても、家族愛であっても、友情であっても、または、万物に対してであっても、愛の基本は同じです。

対象が友達の場合は友情、家族の場合は家族愛、ニンゲン意外に対しては動物愛、地球や宇宙に対しては万物、それ以外のどれにも当てはまらない他人に対しては恋愛となるのではないかと思います。

愛が、成熟していくことを皆さんはご存知でしょうか?

 

愛の定義

塾年夫婦などであれば、成熟した恋愛や家族愛を培っておられるかもしれません。

 

でも、一緒にいるだけでは愛は成熟しません。

 

愛にも段階があって、私は成熟したものを愛と呼び、そうでないものは執着や依存と呼んでいます。

 

つまり、愛と呼ぶには、それをじっくりと育てていく時間が必要となるのです。

 

その間、疑心暗鬼になり、苦しみや涙を多く伴う人もいるでしょう。

 

忍耐力のない人々はそこで終わります。誰かを愛するということやニンゲン以外の存在を愛するということは、そんなに簡単にできるものではないのです。

 

愛の始まり

恋愛に例えましょう。

 

 

 

誰しもご存知のように、始まりというのは、空が青く見え、花や樹木の美しさに目を奪われ、瞳がうるんで、なんだかワクワクする、次はいつ会えるかということばかり考える……

 

こんな風に、ある特定の人が、特別な存在に見えてくるものです。

 

このときは、一方的に相手を好きという感情です。

 

そのうち、こちらに気づいてほしい、振り向いてほしい、愛してほしいと、利己的な感情を募らせていきます。

 

ここで片想いに終わる人と、相思相愛になる人とに分かれます。

 

相思相愛になった場合を考えてみましょう。

 

自分を好きになってくれたことに、お互い舞い上がります。三ヶ月から半年くらいは相手の欠点も見えず、大抵はうまく行きます。

 

そしていよいよ相手の欠点が見え始めてきます。

 

ここでまた、相手との違いを認められる人と、そうでない人に分かれます。

 

認められない人は、別れるか、相手をコントロールしようとします。つまり、自分の思い通りにしたいのです。それは相手の人生を認めていない証拠です。愛しているのは相手ではなく自分なのです。これは愛ではなく依存や執着というものだと私は定義しています。

 

コントロールされることを喜ぶ相手なら、共依存といって、互いに依存関係を続けます。

 

そうでない自立した精神を持つ人なら、支配されることに違和感を覚えます。

 

ここでまた、別れる人と、苦しくても努力する人に分かれます。

 

互いに違いを認め合うため、意見交換を続けます。時には喧嘩になることもあるでしょうし、相手を好きだと思えなくなることもあるでしょう。

 

しかし、どちらか片方でも根気強く相手に心から伝えることを惜しまなければ、それを乗り越えることはできるのです。

 

人の感情には浮き沈みがあり、素直に聴けない時もあれば、一人になりたいときもあります。もしも、あなたが相手を愛しているのなら、それを待ってあげることです。

 

成熟してゆく愛

どうしても違いを認められない人も存在します。いつまでもコントロールしようとする人は案外多いものです。

 

 

 

 

 

 

 

考えてみてください。あなたがあなたの人生を生きているように、相手にも相手の人生を生きる権利はあります。あなたがそれを支配しようとすることに抵抗するのは、それが愛ではないと潜在的に相手が感じているからかもしれません。

 

どうしても違いを認められない場合、相手の幸せを願って別れることは愛の一つです。嫌いになる必要はありません。愛は簡単に消えてしまうものではありません。

 

また、共に生きることだけが愛ではないのです。

 

愛している人が幸せになる。自分もまた別の道を切り拓いていく。相手と憎しみあったりしないよう、互いの最善を模索することも愛なのではないかと思います。

 

もしも、少しずつお互いの違いを認め合い、尊重し合うことができて、時に口論になったとしても、それでも共に生きたいと考えられたなら、これを愛し合うと私は定義したいのです。

 

ここまでどのくらいの年月を要するのか、人によって様々だと思います。先天的にこのような愛を持って生まれてくる人もいます。でも大抵は、学ばなければいけないでしょう。

 

セックスしたから愛し合うわけではないのです。セックスしないから愛し合っていないわけでもありません。

 

「好き」を成熟させて「愛し合う」ようになるには、悲しみも傷みも伴うものなのです。

 

けれど諦めなければ、愛し合うことはできます。誰とでも。

 

利己的で幼稚な「好き」から、たとえし一緒にいなくても愛し合えるような「愛」に発展したとき、初めて、心の底から幸せを感じることが出来るのだと思います。

 

私は離婚したあとも、諦めずに元夫と積極的に関わりました。もちろん彼も私の家の近くに家を購入したので、それを望んでいたと思います。彼には愛人がいたし、私は再婚しましたが、彼とは離婚後にやっと、成熟した愛を感じるようになりました。ですから、今も何かあれば話し合い、相互扶助関係を築いています。

 

現夫とも、やっと成熟した関係に差し掛かってきたと感じています。日々、彼には感謝しています。まだまだ様々なことが私達に起こってくるでしょうが、諦めずにいたいと思っています。

 

また、友人についてもそうです。10年会わなくても15年会わなくても、何も変わらないとよく言われます。変わる必要など無く、友達でも、好きになった人をよほどでない限り嫌いにはなれません。

 

近頃、深く愛されていると感じることが多くなりました。ニンゲンだけでなく、共に生きているハムスターたちにもです。

 

子どもに置き換えて

自分が子どもの頃、何を親に感じていましたか?

 

思春期の頃、何に違和感を覚えていましたか?

 

あなたは自分の子どもを愛せているでしょうか?

 

我が子といえど、別のニンゲン。

 

自分の身体を通ってでてきた、別の存在です。

 

彼らには彼らの今があり、彼らの道があります。

 

自分の寂しさや心の安定をはかるために、利己的な執着を愛と呼ばない様にしたいものです。

 

すべての子どもたちの幸せと、人々が互いに助け合える世界になることを願って

 

万物にありがとうを伝えます

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

Read More ...

秘密結社

世の中には様々な闇があるが、地球からわいてきた単なる生物の一種である人間なる生き物が、例えアフリカの象を象牙を金に換えたいがために絶滅させたとしても、同じホモサピエンスを戦争という形で殺したり、都合よく植民地化して資源を搾取したり、外交という名のファンタジーを創造して洗脳して借款などでがんじからめにしたり、海洋生物を海のなかでの核実験等で絶滅させたり、家畜を肥らせて所有物化したり、風俗などという名目で交尾さえ金に換算したり、奴隷を所有し、それを利用する自分を経営者と呼んだりしたとしても、増えすぎて絶滅に向かうも必至と思われるが、怠惰を捨てられず、洗脳を解くこともできず、貨幣というものが絶対だと信じて胸を張っていたとしても、それが自然がもたらした、なんの間違いもない、宇宙の時の流れであると私は思う。

一般的な価値観の人と話を合わせることは非常に苦痛であるが、そういう自分でさえも、その怠惰な人間の集まりである先進国の都心に生きて、数えきれないほどの地球の生命を、直接的または間接的に殺して血肉として生きている。

このような生物に生まれてしまった残念さと、このような場所に生まれてしまった残念さには言葉もないが、父母の精子と卵でしか存在し得ない我が身を考えると逃れようもない。
ただし、洗脳されるのは非常に迷惑で、生きている限り、ホモサピエンスではなく、生命として真実を追求していきたいし、誰かに所有されるのはまっぴらごめんである。できることなら、私の戸籍ごと抹消していただけたらうれしい。地球のどこに行くにも、パスポートなど本来必要ないし、鳥のように行きたい場所に自由に生かせてくれないことに憤りを感じる。名前なんてなくても、確かに私は生きてる。名乗りたくて名乗ってるわけではない。
仕方なく、管理されるためだけに戸籍とやらに名称が載っている。

この管理下に置かれる枷のようなものが、あまりにも重くて邪魔でうざったい。

システムを使っていても、文明の利器を使っていても、本来は必要ないと誰もが常にわかっているとばかり昔は思っていた。話してみると、大抵の人が心のそこから支配者の創造したものを正しいと信じていることに驚いた。そして、それを私に強要するなど気が狂っているのかと思った。

怠惰な生き物がさらに怠惰になるものを利用すれば、当然思考回路はストップし、バカになる。自分で考えもせず、日本の教育を盲信すれば、当然、探求できずにバカになる。頭の半分で仕方なくシステムを使いながら頭の半分で常に無人島にいなければならなかった。私はそうして小学生の頃から生きてきた。

いまや、この生活のほとんどすべてを棄てても生きていく自信はあるし、目的は長寿ではない。

 

人間は単なる生物の一種

盲信してはいけない。

 

どんなに素晴らしい「肩書き」があったとしても。
どんなに銀行の通帳の「印字の桁」が多かったとしても。

 

わかる人にはわかる。

真のクリエイターと秘密結社創りたい。

 

今年も皆さんありがとう。

 

 

Sponsored Link

Read More ...

Activity

 

 

奇跡は準備ができた者にだけ訪れる ある日突然、下半身不随になった京大生の軌跡

Amazon.co.jp

楽天・セブンネットショッピング・紀伊国屋書店等でも購入できます。

 

奇跡は準備ができた者にだけ訪れる

 

2010年のある日、息子が事故に遭ったと電話がかかってきた。

「命に別状はありません」

タクシーに巻き込まれ、腰椎が瞬時に破裂し、下半身に感覚がなくなった。

「二度と歩けない」

「社会復帰?ありえません」

そう医師に宣告された息子と母の、奇跡の実話。

 

闘病記ではなく、成功哲学として読んでもらいたいのです。

どう考えたのか、何をしたのか?

 

本人編として、瑞樹の視点で書かれた軌跡も巻末についています。

 

不可能を可能にしたい全ての人に

エールを送ります。

 

☆読者の感想

☆講演活動について

☆講演会参加者のお声

 

 

心に種まき~心に届く33の詩~

DLmarketで購入

 

2011年から書きためた33の詩をまとめました。

 

人生について

考え方について

恋愛について など

 

悩んだときに背中を押されるような

そして自分の人生は自分で創造していけるような

そんな想いをこめて書いています。

 

心に種まき~心に届く33の詩~

https://www.dlmarket.jp/products/detail/485499

 

本質を見抜くための MAHIRO思考-大切なことに気付くためのフレーズ集―


50ほどのワードの本質を私なりの言葉で簡潔に表している、写真集形式のフレーズ集です。

シンプルに誰にでもわかりやすく覚えやすい。

あなたの概念が変わり、思い込みが外せるかもしれません。

 

思い込みを外すと

大切な人と理解し合うことが楽になります。

迷っている自分の未来を決めるために足下を確認しやすくなります。

円滑な人間関係を築くためのコミュニケーション力がUPします。

相手に思いやりを持つことができます。

才能が拓きます。

視野が広がります。

愛が深くなります。

 

この本と出逢った人が自分の道を自信を持って歩いていけるような

さらに幸せになっていけるような

 

そんな願いをこめて写真集形式で 私の考えをまとめました。

 

https://www.dlmarket.jp/products/detail/460779

 

 

 

※当サイト掲載の写真は弊社専属カメラマンの写真を含みますので、転載をご遠慮ください※

 

Sponsored Link