誰かが助けてくれる

誰かに相談されたり悩みを聞いていて、若い頃から感じていることがあります。

人生においては、つらいときや悲しいときが誰しもあると思うのですが、そんな時なぜかこう思う人が多いように感じます。

誰かが助けてくれる

だからその誰かを待ってしまいます。

そして「誰も助けてくれない」と余計に落ち込みます。

 

 

もちろん、自分の身代わりになって命を落としてくれた場合は

助けてもらった

と言えるのかもしれません。

 

しかし、そうでない場合の問題解決においては

あなた自身が選択しないと何も変わりません。

 

先日ある不登校の高校生と会いました。

私は初めて話すその高校生に

「誰も助けてくれないし、そもそも助けることはできない」

と言いました。

 

不登校が悪いわけではなく、その高校生が「なぜ学校に行かなくなったのか」ということが何かを整理することが大事だと思いました。本人も整理できていませんでした。

 

大人や先生のアドバイスはみな同じで、分かってはいるのだけど何か違和感があるようでした。

 

まず、本人が劣等感を持っていることがわかりました。

大人が優劣をつけている」からそう考えてしまうのだということを話しました。

 

目先のことしか見えていないことがわかりました。

だからその先に考えられることと、本人の希望が一致しているかどうかを確認しました。

 

別の学校や職場という場所を変えたから解決することではないと本人は気づいていました。

場所を変えて解決することと、そうでないことの区別を一緒に考えました。

 

数時間話を聴きながら、それについての風景のようなものを私は話します。

これが正しい、間違いではなく。

 

そして選択するのはあなた自身だということと。だから自分で決めないと

誰も助けてはくれないし、誰も助けられない

のだということを。

 

親に言えない気持ちはどこからきているのか。

先生を信用できないのはなぜなのか。

 

これは今まで何人もの悩み相談を聴いてきた経験から、共通していることがあると思っています。

これについては。大人でも同じでした。

 

まず初めに

相手をそのまま受容する

ということが大切です。

それができない人に対して、悩んでいる人が本当の気持ちを語ることはなかなかできないということ。

 

つぎに

道筋の入り口から出口まで語る

ことが出来るかどうかです。

コピー&ペーストでわかったように出口だけ言われても道筋が見えないのです。

それは「納得できない」「違和感」という言葉に置き換えられます。

 

たとえば

「学校に行かないと困るよ」

「正社員でないと困るよ」

「お金がないと生きていけないよ」

「離婚したら大変だよ」

「子どもが非行に走るよ」

などなど。

 

大多数の人が口にするこの言葉を、入り口も出口も示さずに言われたところで、感じる気持ちはこうです。

「みんなが言うから多分そうなのだろう」

納得ではなく妥協ですね。

 

道筋を語るということは、例えるなら迷路を上から見ているような風景です。

どこであなたは迷っていて

その道にいけば何があるから行き止まりになるのか

こっちの道に行けば短期的には問題ないけど、長期的には戻らないといけなくなることも考えられる

入り口はそもそもどこだったのか

そして本人が希望する道の出口はどこなのか

 

そして究極は明日死ぬかもしれないこと

 

私個人の好き嫌いではなく、考えられる事象だけをたんたんと並べます。

そうすればまず整理できるのです。

自分がいまどこにいるのかを。

 

そして自分が考えられる限りの、あらゆる可能性を示すことです。

 

 

本人が選択することを急かしてはいけません。待つことが肝要です。

ここまで話すと大抵は気づきます。

 

確かに誰も自分を助けることはできないということや、自分で決めなければならないこと。

結果的にそれが大多数のアドバイスに沿う選択であったとしても、

自分で決めて腑に落として進むそれと、妥協でなんとなく進むそれでは、

日々のその人の命のエネルギーの使い方覚悟が全く違ってきます。

 

これは不登校だけでなく、仕事においても、結婚生活においても、この国のシステムに則って生きていくことにおいても

すべて同じなのです。

 

多分、度胸が据わっていると言われる人や、責任感のとても強い人などは

こういう事象を腑に落としてから進んでいる可能性が高いと思われます。

 

なんとなくで入学した高校や大学をやめてしまう人

なんとなくで始めた仕事をやめてしまう人

などは、そもそも目的が自分の意志ではなく

他者の価値観のコピーアンドペースト

だから

目標に到達したからやめる

新しいステージに進むためにやめる

という自分の人生に納得しながらのモノによるポジティブな変化にならないのでしょう。

 

 

政治家に任せている自分の生きる場所のシステム構築も

会社のシステム構築も

家庭のそれも

基本的にはおなじですね。

 

 

自分の命をどう使うかは自分で決めている

自分が誰かを助けることなんて出来ない

 

ということは自覚して生きたいものですね。

出来ることといえば

己がしっかりと地に足つけて生きること

これだけなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です