初めてのアフリカ

緊張を強く感じると、背筋が常にシャキッとしますね。

 

ついに、来てしまいました。初めてのアフリカ大陸。

1 ADDIS ABABA

 

普段当たり前の「生きる」っていう命のことや「お金」のありがたみや(必要かどうかはまた考えなくてはならない問題だけど)大切な人のことなどを とても深遠に感じられます。

 

飛行機の上から眺めていると「地球を巣食ってるニンゲン」の生活ぶりが世界各地にあって、本来の自然な地球の姿ってどこにあるんだろうって思います。

 

観光に来て楽しい!とか

 

リゾートでゆったり!

 

ではないから こんな歳でなんで?って理解できないと思いますが、初アフリカでも予防接種もしていなくても、恐怖はあまりないんですね。

いずれ帰るということが決まっているから一ヶ月ほど楽しみたいと思います。

 

 

関西空港の搭乗口を歩いた瞬間から、普段無意識に自分の中に存在する「依存」が体から外れてスッキリする自分に気づきます。

 

 

どうしても普段は、毎日誰かに何かしら甘えて生きていて、完全に一人で判断ってしづらいと思うのです。

 

 

責任が自分一人にあることを自覚していて、そういう緊張の瞬間の爽快さは何とも言い難いのです。

 

 

そりゃあ家族だから甘えたり助けたりはあっていいと思います。

 

でも時には「一人」になるって大事だなって・・・・ 

 

 

人間はどこにでもいるから厳密にいえば一人ではないですよ。

 

結局誰かに頼って生きてます。

 

無人島に行かない限りは。

 

 

でも、文化も食べ物も言葉もわからない場所っていうのは、自分の感覚を研ぎ澄ませるのにもってこいですね。

 

 

予防接種はしていないけど、病気を防ぐために精油をたくさん持参しました。

 

これで体中にぬって予防してみます。

 

 

着いたその日に慣れてしまう(笑)

瞬時に順応。ある意味覚悟。

 

 

とても暑いです。

 

6Hanging the washing

 

ついてすぐに手洗いで洗濯しても、全然苦にならなくて

 

 

広い空の下で風になびいてることがとても幸せです。

 

さて、しばらく生活をしてみましょう!

 

続きはこちら↓

 

Tanzania で生活してみた!Part 1

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です