恋愛が成就するとき

本能としてある.睡眠欲や食欲、性欲などを、そもそも捨てる必要はないと思う。

だけど事足りてるのに、人の分まで欲しいとか、栄養が足りてるのに、もっと食べたいとかの過ぎた欲は、見ていて美しくない。

本来は地球には必要なものは揃っているはずで、誰かが独占しなければ、生き物が存在するだけ事足りるようになっているはず。

足りなければ淘汰されるので。

 

だから、失う恐怖により手放せない想いとか、他者より優位に立つための独占などは、摩訶不思議な考えだなぁと思ったりもする。目的はなんなんだろうって。

 

そうはいっても、人にはなかなか心の執着が棄てられない場合もある。

 

愛している人とか、ね。

 

でも、ある日突然「もういいんだ」って思えて想いを棄ててみたら、その相手が家の中にいたりするんだから面白い。

 

ホントに「もういいんだってば」って思えば思うほどに、傍にいる確率が高くなる。

 

富とは裸になっても持てるもの

 

本当にそうだと思う。

 

何一つ自分のものなんてありやしない。

 

自分の生き様くらいかな。自分のものなんて。

 

何も持たないから、すべてが自分の周りにあると気づく。

 

愛しているし愛されている。

 

私は富を持っている。

 

とてもとても幸せだと思う。

 

地球の恵みにありがとう。

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です