子どもの本質

人を変えて自分に合わせてもらうことで、ストレスによる自分の心の均衡を保とうとする行為は、人間社会ではよく見てきた光景です。

 

実際、私も若い頃はそう考えることが多くありました。

 

子どもを何人も育てていると、赤ちゃんの頃の性質は、大人になっても変わらないことがわかります。

 

自分の一歳くらいからの記憶を辿っても、価値観は大きく変わっていないことがわかります。

 

育ちの過程で、親や教師が強制せず、選択を本人に委ねていれば、本来のその人の性質が素直に表れると思われます。

 

しかし、出産後暫く経過すると、他の子供と比べ始め、いつの間にか、他者に合わせることを強要する人がいます。

 

もちろん、あるコミュニティで生きていくなら、そのコミュニティのルールは教えなくてはなりません。

 

それを選択するかどうかはまた、別の話です。

 

「これが正しい」ということはなくて、どうしても本人が嫌がるのなら、別の方法を親は考えるべきだと思います。

 

その人の命はその人のもの。

 

たとえ自分のお腹から出てきても別の人。

 

自分と違っていても、精子が混じっているのだから当たり前。

 

今は、空気も真っ白だし、食べ物は添加物だらけなので、血液や脳の構成材料も親子でも異なるでしょう。細胞レベルで違うはずです。

 

似ているのと、同じだということを混同すると、異質なものを排除するという、村八分や虐めなどの日本文化独特のアレが、家族間で起こるでしょう。

 

私は子供たちには、私とは別の人間だと話してきました。選択肢は提示しますが、選択は本人に任せてきました。

 

だから、面白いくらい三人とも性質が違います。それを見るとき、人は私が「教えた」と、誤解しますが、強いて言うなら、本人の性質を潰さずに、好きでないことも受け入れ続けたというだけのことです。

 

私とは価値観が合わないし、好きじゃない部分もあります。もちろん親にも我が子にも。

 

そして、旦那にも。

 

「新しい夫婦関係」にも書いたように、彼らには彼らの意図が、私には私の意図が何もかもにあって、私は好き勝手に相手を愛しているだけです。

 

人を支配することも支配されることも嫌いです。

 

各々が自分で選択して、誰と生きるかを決めればよいと思います。

 

私の道はやはり私だけのものです。

 

子どもの道もやはり子どもだけのものです。

 

親が自由を奪う事だけはしたくないと思います。

 

長く生きることと、幸福とは同じではないし、姓が異なることと不幸とは同じではありません。

 

言葉に踊らされたり、形に踊らされず、しっかりと物事の本質を見つめていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です