不倫

不倫という言葉ができたのはいつ頃だったでしょうか。

幼少期には聞いたことがない言葉でした。

今も昔も「不倫」は後を絶たず、政治家や芸能人などはやたらと取沙汰されますが、なぜ人々は他人の色恋沙汰が気になるのでしょう。

 

他国では何度も結婚することは大した問題ではなかったり、一夫多妻や一妻多夫の文化をもつ民族もいます。

高齢者の話では、満州国があった時代にも、日本に配偶者がいながら、あちらで「夫婦」のような形で別の人と生活し、子どもまでいて、何くわぬ顔で帰国し元の配偶者と生活を再開した人も多いそうです。

戦後の「赤せん」現在の「風俗」などもあって、日本人と配偶者以外のSEXは切ってもきれないように見えますが、それは果たして勘違いでしょうか?

表沙汰にしなくても、会社内で、自治会内で、PTAで、すぐ傍で不倫している人のことを噂や直接本人から聴いて知っている人も少なくないでしょう。

ではなぜ、ああやって気になって責めたくなるのか?と考えるとき、本当は自分がそうしたくて我慢しているのではないかと感じることがあります。

好きに生きている人は、基本的に他者の人生に一喜一憂しません。

生きる軸が他人ではなく自分なので、そんなことどうでもよいのです。

もしああやって非難されている有名人をみて心がすっきりするとしたら、浮気を我慢している人が「自分はやらなくて良かった」という確認をしているようにも見えるのです。

 

私は三度結婚していますし、不倫はしていませんが、あるとき私を「気持ち悪い」といった女性がいました。

「ああ、この人旦那に飽きてるんだ」

「自分の人生を好きに生きてないから、他人の私に責任転嫁するんだ」

と思ったんですね。本人には言いませんでしたが。

嫌うとか批判するという行為は「憧れ」と強く結びついていることがあります。

だからまず自分が好きに生きることです。

そうしたら自分の人生に納得できるので、他者を批判したりしません。

ニンゲンは基本的に「自己正当化」をするお話を考え、意味づけします。

かくいう私もそうでしょう。

 

もしも配偶者に飽きていても、今の生活を失いたくないというなら、SEXなど単なる脳の電気信号だと割り切って、快楽ホルモンは別のことで得ましょう。いくらでも楽しいことはあります。

それに相手を誰に代えても大差はありません(笑)

ニンゲンは広義では似たりよったりだと感じます。

どうしても今の生活がいやなら、さっさと新しい人生を自分の手で創ればよいと思います。

世間体など誰かが僕を見てる!私を見てる!という自意識過剰の勘違いです。

動物は自分のためにしか生きません。

浮気でも本気でもその人の選択だと思いますが、この国で生きるなら、最低限「システム」にはひっかからないように注意はすべきでしょう。

それを言い換えると「責任」だったりするのでしょう。

誰かが創ったお話である「システム」に、自分の人生を邪魔されるなんてまっぴらごめんですよね。

「絶対」なんて、生物の一種であるニンゲンが創ったモノにあるわけがありません。

「システム」に洗脳されるのではなく、利用しないと意味がないのです。

必ず皆死にます。

明日死ぬかもしれないのに、何十年も先の老後のために今日を潰さないことです。

そのかわり、来るべき時が来たら潔く逝きましょう。

煌めく毎日の繰り返しこそ、価値ある人生なのではないかと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です