言葉の綾

ニュースでも書籍でも企業の広告でもSNSの個人的発信でも共通していること。

表面的な笑顔の画像や、綺麗事(日本には昔からこういう言葉があること自体が問題)を、イメージで受け取り自分の頭の中に都合よいように書き換えることはやめよう。

消費者心理など読まなくても良いものは誰にだって良いし、必要ないものは必要ない。

記憶を失ったり塗り替えたりせずに、当初を思い出そう。

地球が与えてくれた『直感』という本能を無視すると死への道が加速する。

逆行している自分に気づこう。

分からなければ鼠やゴキブリなど、他生物の生き方を真剣に観察し続けよう。

シートン動物記なんかを読むのも良いと思う。

でも体得が大切。

できるだけ自分で確認することだ。

ニンゲンのお話は虚構だから、確かめて自分の心を納得させていけば、死ぬときに後悔がない。

先祖も喜ぶ。

供養にもなる。

 

せっかく生まれてきた命を無駄にしないために、ニンゲンたちは昆虫や植物も含めた世界の中で、自分が何をしているか今一度確認したほうがいい。

子孫を殺すことに加担してやいないか、動植物や海洋生物、野鳥にいたるまで、地球を殺すことに加担してやいないか。

本当に他の方法を思いつかない脳みそなのか、とかね。

自分を奮い立たせるわけ。

そんな風に考えていれば、反省も瞬時にできるし、気づいたことを改善できるし、創造力がUPする。

そして言葉にのった相手の意識もサラッと視える。

 

ニンゲンだけが特別ではなく、自分も地球の細胞の一部。

ここから外れると淘汰されるのが自然、必然。

生物に共通する自然の摂理がある。

それを得るためにするのが勉強であってほしい。

 

目的に注目すれば真実は視える

 

この本買った。読んだ。

誰がなんのために彼を殺したのだろう。

こういうことはもうやめたいよね。

もしかしたらここに自分たちが間接的にでも荷担していたら・・・・・って考えると虫唾が走る。

 

言霊は良いモノばかりではなく悪意ものっかっているものもあるから、きちんと真意を読めるように心を純粋な状態に置いておくことが大切。

今日はそうやって意図に着目してすべての言葉を聴いたり読んだりしてあなたの世界を広げてみてください。

 

出会いは幸せのためであるからね。

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です