優しい人

出会ってまだ二度目。

でも彼の心の真ん中に悲しみと諦めが視えていました。

 

一緒にテーブルを囲んでいても、多くを語らずにずっと私を気遣ってくれていて、おかげで気分良く食事が出来ました。

「心に哀しみと傷を抱えているでしょう?」

と問いかけました。

彼も人を見抜く力があるようです。

顔を合わせた瞬間、彼の心が透明になったように思いました。

何があったのかは聞かないけれど、とにかく自分を大切にしてほしいと言いました。

 

物凄く傷ついてきた人は、物凄く優しいのです。

痛みを知っているから誰かに同じ思いをさせたくないのです。

 

利己的な人は運よく困ったことがないか、他者から搾取してきたような人々で、誰かの痛みがわかることなどないから利己的なのです。

だからこそ、そのような優しい人がシステムに洗脳された人々に差別されたり、馬鹿にされたりして諦め続ける人生を送るのはもったいないと思うのです。

純粋に幸せになってほしいと願います。

 

地球規模でみると癌細胞にも見える人間ですが、システムさえなければ万物と共生できる生き物になれる人もいます。

つまり正常細胞に戻れるのです。

 

私が視ているのはそちらの可能性の方で、彼にもやはり生きる力は感じました。

「いつかの時、サバイバルは平気でしょう?」

「はい、全然平気ですよ」

そんな人しか会わないこの頃。

はてさて何故でしょうね(笑)

 

天からどんどん降りてきます。

 

必要なものは此処にあって 必要ないものは淘汰される

 

今日も皆さんありがとう

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です