記憶

私達はこの世に生まれ来たその時から、記憶と共に成長し、記憶があるからこそ「自分らしきもの」を保っていると思われます。

記憶があるから家族として認識できるわけですし、他人とそれとの違いを知っているからこそ、区別してお付き合いすることも可能なのでしょう。

 

ときどき考えるのです。

もしも記憶を失ってしまったなら

自分はいったい何を大切に思うのだろう

何を欲するのだろう

何処に行くのだろう

誰に逢いたいのだろう

って………

 

記憶を失っても自分に遺っているもの。

それが本来の自分なのかもしれません。

どれだけゼロベースで考えて生きていこうとしても、記憶が邪魔をしてしまうのです。

もしも記憶を失ってせっかく本来の自分になったとしても、そこにニンゲンたちがいたら、要らぬ情報をまた与えてしまい、当人を困惑させるのでしょう。

そうなるとやはり、無人島が最高ですね。

動物として手にいれられるべきものは自由でなければいけません。

長く生きることを目的とするのではなく、今日死んでも悔いのないような命の使い方を目的に、自由に生きていきたいと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です