本性

いつも笑顔で爽やかな挨拶、家族は仲が良さそう……そつなく仕事をこなし、生活も困っていない、この国ではそういう人々は一般的に「いい人」と呼ばれます。

生涯その人になんの問題もふりかからず、お金はサクサクまわり、病気にも罹患せずに、いずれ死を迎えたなら気づかないかもしれません。

しかし、なかなかそうはいかないものですね。

よく出来る管理職が部下をわざと落とすことがあるけれど、あれは部下の言葉が本当なのかどうか確認する最短の方法だからですよね。

人は窮地に陥ったとき、本性をあらわします。

キャパが大きくない人は、窮地に陥らなくても、ちょっとしたストレスで本性をあらわします。

自分の人生が大きくマイナスに転じてしまいそうなとき、その人が何をしたかで容易に核を見抜くことができます。

そのような場面になっても、普段の言葉通り変わらない人もいます。

誰かが困ったとき、自分にマイナスがふりかからなければ、大抵は優しい言葉をかけることができるものです。

夫婦であっても、妻を置いて自分だけ逃げる男もいます。

親であっても、子供の世話すらしない人もいます。

もし自分が何かを失うような事態になったとき、果たしてその人がどう生きているのか……

それがその人の本性です。

言葉はどうでもよいのです。

感謝やありがとうという言葉を発しても意味がなく、大切なのは生き方そのものなのです。

言葉ではなく、逆境に立たされたときその人が誰を大切にしているのか、何を大切にしているのか……

心理学など必要ないですね。

それだけでわかることがあります。

 

長男が下半身不随になったとき、周りの人々の行動を見ました。

息子も同様に周りの人々の行動を忘れないでしょう。

あれは、確かに私達家族にとって窮地でした。

父が半身麻痺になりました。

息子のことを乗り越えた私にとっては、それは窮地でも何でもないのですが、父にとっては窮地なんでしょうね。

あまり変わりません。迷惑かけたと泣いて謝るばかりです。

介護だって老いた自然の流れだと思えば当たり前のことで、自分から施設に入ることもあるでしょうし、家族がみることもあるでしょう。

自治体に頼めばすべてを自分が負担しなくても済むありがたい国でもあるし、結局は本人や家族がそれをどう捉えているかが露呈してくるんですよね。

不倫をしたとき、嘘八百の言い訳をする人もいれば、個人の恋愛になぜ他人が口をはさむのか?と問うこともできます。

詐欺にひっかかり次から次へと借金を増やす男と離縁して浮浪者にするのか、苦楽を共にするのかとか……。

勉強のできない子どもや、自分達の気に入らない相手と結婚した我が子にどう向き合うのかとか……

そして大切なことは、例えとても利己的な本性が見えてもその人を愛せるか……ということなのです。

それを自分に問うとき、自分の愛が本物なのかどうかを試されるのです。

本性が見えても愛せる存在に囲まれて生きる人生は、とても幸せなのです。

所詮は地球にわいてきた生物同士ですからね。

そして動物は利己的なものだから、とことん利己的に生きる強さもまた、魅力的だったりするのかもしれませんね。

徹底的に自立し、セルフコントロールや自分の身体のメンテナンスまでして、人間の意見などに影響されない、ココとコニーサンとその子どもたちを愛してました。

徹底的な利己である彼らと確かに心が通っていたことに、奇跡を感じます。

本性が見えても微塵も嫌いになりませんでしたし、みんな老衰で逝ったので介護もそれぞれしました。夜行性だから夜中に呼ばれるのだけど、眠れなくても辛くなかったんですよね。

思ったんです。

私、心から彼らを愛してたんだなって。

ま、ニンゲンも愛してますけどね(笑)

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です