思い込みとパズル思考

自分を見つめ直し、一旦整理し、地に足ついてまた歩き始めるきっかけのようなもの

そういったものに気付けるような内容を、講演会でお話させていただいてます。

講演に参加された「その後」の報告をうけることがあるのですが、少し前に参加されたとある方から興味深いフィードバックをもらいました。その方は、大勢の人を指導する立場にある人でした。

講演を聴き、拙著「奇跡は準備ができた者にだけ訪れる」を読んで、今まで自分が師から言われるがままに信じて疑わなかったものが、本当にそうなのかと考え直すきっかけになったと言うのです。

大勢の方に師の言葉が正しいと信じてお伝えされていたのでしょう。多分それは、その方がおかしなことを指導していたということではなく、今回のことで、腑におちてもいない状態で、師の云うことを「正しいのだ」「そうであらねばならない」と思い込んでいたことに気づき、ご自身の世界観とのギャップを確認したり、融合をはかられるきっかけになったのだと思われます。

これらのフィードバックから、私もまた考えさせられます。

 

組織は「正しい」を押しつける傾向にあり、人格に優劣をつけたがります。

人間はみな人間です。同じです。

師の言葉は師のものであって、立場が上の人がコピー&ペーストで話すと、指導される側も自分で何も確認せずにそのまま誰かに伝えるような連鎖が起こります。そして、なぜそれがいいのかすら答えられない人を作ります。入り口から出口までの道筋を話せない人は、わかっていることにはなりません。コピー&ペーストは出口だけ、もしくは入り口と出口だけしか話せません。途中の道筋を話せないのです。つまり、理解していないということです。

子どもの言葉に大人が感動するのは、自らの言葉で話しているからです。
誰かの言葉を話しているのではないからです。心がそこにきちんとあるのです。

そして、自ら考えて答えを出していれば、なぜ?と聞けば道筋を答えられるはずです。その道筋をイメージして話すことが「言葉の重み」という感覚で人々が受けとるものです。

 

それはたとえ失敗しても、自分で責任をとるという覚悟さえ含んだ言葉です。

 

ただ、師の考えであったとしても、自分の身体でそれを消化し、時間をかけて体得したあとには、自分のモノになるのではないかと思います。

 

おし付けと教育は異なるものです。

おし付けられたことを教えられたとは言いません。気づくことの方が重要です。気づかせることが本来の教育であってほしいです。

 

支配欲を、人のためという言葉に置き換える人がいます。

誰も見ていないのに誰かが自分の人生を監視しているかのような錯覚もすてましょう。

そんなこんなに一つずつ気づいていけば、自分の心のバランスをとるために、他者に責任転嫁したりはできなくなります。

依存もできなくなります。自立するしか道はなくなります。

自分の人生を自分で選択するのだという自覚がひとりでに芽生えます。誰かにいわれたわけでなくて。

 

心と一致している言葉はとても重いものです。

 

自分の思考をパズルだと考えてみたとき、思い込みを外すということは、自分というパズルがどんなピースでいまできているのかを確認することになります。

 

何かを教えてもらっても違和感がある、自分が何をしたいかわからない、今に満足していないから変化したい、というような感情は、自分のパズルのピースがどんな形か認識できていなくて、嵌め込むことも、形を変えることも、どのピースが間違って嵌っているのかもわからない状態です。

 

だから思い込みを外し、自覚して、自分を見極め、どこをどう進化したいのか整理して進むことで、グッと成長スピードは早まると思うのです。

 

思い込みを外す

視点が変わる

視野の拡大によって想像力がアップする

相手の立場にたって考えられる=思いやり

自他承認できる=許す、認めることができる

人間関係の円滑化

人生の質が上がる

幸福度が増す

 

 

 

※今日も読んでいただきありがとうございます。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です