さよなら

桜も開花し、春の訪れは、新天地へ向かう嬉しさに胸踊りながらも、サヨナラの季節でもあります。

私もたくさんのサヨナラをしました。

短期的な別れに留まらず、これが一生の別れになることもあります。

別れの数だけ出逢いも訪れますが、自分の人生のある時を共に生きた存在との奇跡は、心の糧となって命終える時まで積み重なっていくものです。

幼稚園の時の友達はもういないけれど、小学校に入ればまた、毎年違った友達ができました。学生の頃の友人達も結婚し、殆どは互いの生活が中心となり会うことはなくなっていきます。

代わりに、訪れた異国の友人がSNSでメッセージをくれたり、誰かを通じて出会った人と意気投合したりします。

そして最期のときは、大抵傍にいるのは他人でしょう。

配偶者であったり、愛人であったり、看護師、医師、または見知らぬ人であったり……

もしくはたった独りで逝くことも。

いちいち悲しんでいたらキリがないのですが、サヨナラする人の幸福を願う喜びとともに、少しの哀しみもあるものですね。

それでも、確かに一緒に生きていた誰かとの時間は、何よりも私達の命を彩ってくれるものだと思います。

だからこそ、自分以外の生き物(ニンゲンを含め)と関わる時間は、煌く思い出になるように、愛をもって過ごしたいと思うのですよね。

どうか哀しくても優しい別れでありますよう……

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です