自信

自分を正しいと思っている人は、自分が信じてきたことが間違っていたと認めたくありません。

優秀な成績を修めた人ほど、教育が洗脳かもしれないと疑いたくはありません。

優越感に浸っている人ほど、権威が正しいと思いたいのでしょう。

ですが、大抵のニンゲンは潜在的に自然の摂理とそれとの違いを気づいているものだと思います。

けれども自分がバカだと認める勇気がありません。

必死で抵抗し、事実を歪曲し、記憶を塗りかえ、下手なお話を創り、自分に言い聞かせます。

自分は正しいのだと。

それは自信に見せかけた自信のなさです。

 

ニンゲンがこの世の中で一番バカだと気付いてない人が『謙虚』という言葉を使っていたりします。

この国の動かざる大ヒット商品は『善人仮面』だと知っている類が、それを利用し、ビジネスや法律という名のもとに騙したり裁いたりしていますね。

騙す側や利用する側にまわるマリオネッツは、ほんの僅かな優越感に浸り、ほくそ笑むのです。

同じ穴の狢です。

 

自分の人生は自分で選択しています。

現在の環境が間違っていると認識していても選択したのは自分自身なのでどうしようもありません。

赤子でもその精子と卵でしか自分にはなれないのですから、ある意味必然の選択です。

自分が正しいと信じることは素晴らしいのです。けれども、人間は雀や鼠に出来ている事さえできない馬鹿な生物でもあります。

だからその馬鹿さ加減を自覚し、昨日の自分の思考を疑い、生物の中でニンゲンだけが信じているものや、世界で日本人だけが信じていることが間違いかも知れないと考えてみたいのです。

 

人間が考えたことが正しいわけがないでしょう。

政治家が正しいニンゲンであるわけもないでしょう。

教師が正しいニンゲンであるわけがないでしょう。

経営者が正しいニンゲンであるわけがないでしょう。

永く生きたからといって正しい高齢者がいるわけでもないでしょう。

食べ過ぎておいてダイエットをしたいなどという摩訶不思議な生物です。

小学校の理科で地球や世界のことを『習った』のに、日本だけが正しいと思い込むのは残念です。

自分たちが独占搾取しておいて、テレビにうつる途上国の子供がかわいそうだと平気で言えるのも残念です。

動物の糞が汚い、土が汚いと、スズメや鳩や烏に米やパンさえやることを禁止し、動物の糞と土で育った有機野菜を食べたがる変な生き物です。

食べ物の争奪戦をしながら土の上にビルを建てる変な生き物です。

そんなことをしているのだから、いずれ自分たちが絶滅するのも必至でしょう。

 

私たちは醜くバカな生物です。

善人仮面は必要ありません。そんな人間はいないから。

醜くバカでもニンゲンは生きているのだという事実を認めるだけなのです。

 

自信とは自分を信じること。

自分は馬鹿なニンゲンだと自覚して、真実を追求する自分を信じていたいと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です