真実の鏡

世の中には。真実の鏡というものがある。

その前に立つとその人の本心が映る。

だから恐怖で逃げ出す人もいる。

逃げたところで、一瞬自分の姿が映ってしまうと、その鏡には見抜かれてしまう。

正直な人でないと、この鏡の前で自分の姿を見ることができない。

鏡は光を放っていて、透明度が極めて高い。

破壊しようとしたなら、命を落とす。

嘘というのは人を不幸にする。

そして何より自分を不幸にする。

この鏡の前に立てる人は幸福な人。

幸福になるという意思のある人。

醜い自分の姿を映しながら、その沼地の汚れを少しずつ洗い流していく人だけだ。

そうすれば、その人は純度が高くなり、核が表れ、少しずつ光を放つようになる。

汚れを洗い流す時間は人それぞれ。

この前から逃げなかった人は、真の勇者になれる。

何十年と嘘をつき続けて、闇の世界に住んでいたとしても、心から悔い改めれば、光の世界に転じることは可能である。

地球上の生命に、本来上下はなく、優劣もなく土地は誰のものでもない。

自分の物だと言いはっている人間は、実はそれを本能でわかっている。

数えきれない生命を犠牲にして、自分の命にかえている。

そのような本能の心に従い生きていたなら、真実の鏡の中に映る自分が、とても美しいことを悟るだろう。

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です