随筆 79

昨日、異空間に旦那と二人で行ってきた。

今、娘だけでなく、息子もうちで旦那と生活をしている。

まだ大学院に通っているので、旦那とひとつしか歳は違わないけど、学生だ。

義父と呼ぶには、歳が近すぎて違和感があるのだろうけど、それでも旦那はやはり一家の大黒柱として頑張ってくれている。

息子もできる限りのことをしてくれるので、私は同居し始めてとても楽になった。

さらに、今月、私と旦那が誕生日を迎えるということで、息子たちから日帰り旅行のチケットをもらった。

当初、泊まりでとる予定だったそうだが、ハムスターたちが皆二歳を迎え高齢で、長い時間家を開けるには心配なので、日帰りにしてもらった。

 

この辺りとは違い、とても空気が澄んだ場所で、温泉も貸し切り状態、自然の恵みを堪能してきた。

異空間にいるようで、旦那と私はフィジーを思い出した。

次男が一日休みをとってくれて、家事も、朝から全部してくれた。久しぶりに帰宅しても何もしないでゆっくり過ごさせてもらった。

旦那から私へのプレゼントは、意識の重要性を説いたある本。これは今から6年前に、ある人が私に手渡した意識の数値を詳しく説明したものだ。先日偶然情報を見つけて、誰が数値化したのか知るところとなり、その本を欲しいと話していたので注文していてくれたようだ。

この医学博士の本は、自己を省みる場合や、成功を強く欲している人々にはとても役立ちそうだと思った。また、セミナーで一部お話させていただこうと思う。

人は時々、有頂天になり、自分が塵のような存在であることを忘れてしまう。

偉そうになり、自意識過剰になり、調子にのった自分はまったくもって滑稽で、日々自己との対峙が必要となる。

意識を整えておくと、自分にとって不必要な存在は自然に淘汰される。

必要な存在は、常に目の前に在る。

誰かに期待などせず、自分がそれだけをしていれば、自分に合った世界が創造されていく。

そんな話を旦那としながら、カフェから山を眺めていた。

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です