随筆 148

意識によって世界が異なる。

意識は言葉から読み解くことができ、自分の中で瞬時に翻訳をすることで得られる。

例えるなら日本語ではなく『自分語』

多分、ニンゲン対他生物も同様。

 

誰かのお話をコピー&ペーストして単なる台詞を話す相手だとしても、その台詞を話すと選択している意識はその言葉から翻訳できる。

この言葉の力をずれた視点でとらえてしまうと、表面的な部分だけを何処かからとってきて貼り付け、空を舞うペラペラの軽い言葉になる。

 

世界はクリエイター(創造者)が創っている。

たとえ他人のコピペであろうと、誰もが自分の世界を自分で創造している。

言葉はその『創造』に大きく関わっているのだ。

 

「ありがとう」

が良くて

「バカヤロウ」

が悪いというものではなく、その力の意味はもっと深く、別のところにある。

意識と限りなく近い言葉を放つ人が『正直』なニンゲン。

意識と真逆の言葉を放つのが『虚構』

 

その言葉に乗った魂を視ることがとても大切。

前者と後者は同じ言葉を使用していても、意識が真逆である。

相手に対峙しているか、騙そうとしているか。

 

『綺麗事』は、本人が心に悪意があると自覚しているからこそ、瞬時に綺麗な言葉に置き換えて故意に他者を騙す業。

それは聴くに値しないもので、耳障りが良い言葉などとは決して思えない。

歯に衣着せぬもの言いだとしても、きちんと自分の意識を伝える前者の言葉なら、よくも悪くも傾聴する価値のある生きた言葉であると思う。

 

未来に向かう時、自分に放つ言葉も同様である。

自分自身はその言葉が事実であるか虚構かを自覚している。

その言葉に乗った魂は、波紋のように反響し、巡り巡って自分に還ってくる。

その言葉を耳にして感じた他生命の魂も、一緒にそこに乗って還ってくるのだ。

愛に溢れ他生物と共生してきたニンゲンの末路に抑揚なき静寂が訪れるのとは裏腹に、利己的なニンゲンに百倍になってそれが還ってきたかのような最期が訪れるという場面に出くわすとき運命の哀れさと強さを想う。

これは残される遺族の世界にまで後を引く。

末代にもその魂は影響を及ぼし、穏やかに笑える子孫と、奪い合いや責任転嫁に命を費やす子孫などに分かれるだろう。

その魂が生み出した魂には、遺伝という一言で片づけられないものがある。

 

どちらにしても、出したエネルギーは全て自分に還る。

すべては自己責任である。

 

もし身体を離れてでも意識があるとするなら、そこからは波長の世界。

同じ波長同士でパラレルワールドに住んでいると予想できる。

最高の世界。天国。

 

自分はただ真っ当に生きていればよい。

自分の世界は自分の魂の言葉でできているから。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です