自由と幸福と責任

本意でなくても、自由を選択するときには誰かを悲しませることがあります。

それが利他的な行為であっても利己的な行為であっても、自分が選択した道で誰かが泣いた事実は動かしようがないのです。

個の幸福が確立したようでいて、本来は皆が笑っていなければ手放しでは喜べないものなのです。

自由には覚悟と責任が伴います。

泣いた人が納得できるくらいに、その選択した道の責任を果たさなければ、結局真の自由など手に入らないのだと思います。

 

責任感とは他者に対する愛である

 

涙を流した人々に対して、個が目指したものを諦めないこと、それが成せたときに自分自身も「満足」や「達成感」というものを手に入れることになるのでしょう。

とはいえ、志半ばにしてこの世から消える者も在って、たとえ目標地点に達しなくても、その方向へ向かう「意識」が大切なのだと思います。

この虚無の世界で無意味にも見えるその「意識」

つまりは、目に見えぬ人々や生物たちの想いを包括し、万物の幸福を願わなければ、真の意味での自由や至福が手に入ることはないと思うのです。

結局何を選択しても、責任はつきまとい、真の自由を手に入れる人は、この世界から消えるとき、なのかもしれません。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です