感じる

現代には、とてもたくさんの瞞し物が溢れていて、崇高な生命の感覚というものが、時に機能しなくなり、自分でも自分がわからなくなってしまうことがある。

ある特定の食べ物を好きで食べていると思い込んでいても、実は脳内麻薬のようなものの依存症であったり、セルフコントロールできていない状態に陥っていることに気づかないでいるのかもしれない。

なぜそれほどまでに悲しいのかとか、逆にいつもやる気のある人はなぜなのかとか。

単に性格だと片付けられがちだが、本人のせいではない別の要因があるのかもしれない。

いま最善の策を考えたように錯覚し、たとえば言葉にしてみたとしても、人は感情にとても左右されている。

自己を顧みて赤面したりするのは、そのような僅かな感情の起伏が、実はとても大きな差異に表れていることを自覚したときだったりする。

小さな小さな単位で「感じる」ことで、自分の中の細胞たちの声を聞くことかできるのではないか。

ハッキリと聴こえるようなものではないが、彼らが何を求めているのかが、それら点と点の繋ぎ合わせから浮かび上がったりもする。

そうして常に細胞という名の小さな自分を感じていると、喧騒の中でやりとりするこれらの活動が、果たして自分に必要なのかさえわからなくなってしまう。

本能なのか、知識をつけたニンゲンの思い込みなのかさえ決めつけることはできないが、もっと自分を小さくして、感じることに集中してみれば、誰に何を教えられなくても、答えが見つかるように思うのである。

玉響の中で微睡んだ微笑みも、すべてはその小さな自分が感じてくれたもの。

大切な存在と真摯に対峙することとは、感じることに手を抜かないことなのかもしれない。

自分の意識がどこから来ているのか。この集合体として在る自分の中の、バラバラに生きて死に逝く小さな存在たち。

数えきれないほどの生命の集合体が土であるように、私達も数えきれないほどの細胞の集合体なのだろう。

そして、地球もまさに数えきれないほどの生命の集合体なのだろう。

もしも自分のこの集合体としての身体がなくなっても、腸内細菌や皮膚常在菌はどこかで生きているかもしれない。

また異なる誰かの中に住むのかもしれない。

どこからが自分でどこからがそうじゃないのか区別できずに戸惑う中で、もしも細胞で愛し合えたら、いったい何を感じることができるのだろう。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です